07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

オラス「ラカゼットは非売品」 

ジャン=ミシェル・オラス会長が今夏の移籍市場における選手の契約延長、放出について戦略の一部を語りました。主だったところでは次のとおりです、

レミ・ガルド
契約は今季で切れますが、オラスはガルドの働きに満足しており、延長の予定。

バフェ・ゴミス、ジミー・ブリアン&スティード・マルブランク
特にゴミスは今季もチームの主力であり、ガルドもその実力と貢献を評価していますが、オラスは契約延長をしたくないようで、「現在何も交渉はしていない」。マルブランクについては1年の延長で納得するならば延長すると言っていますがこのFW2人に対してはフリー移籍の可能性が高そう。

ヨアン・グルキュフ
OL最高のサラリーをもらっている選手で、その割には稼働率が極端に低い穀潰し状態を4年間続けていますが、契約は2015年まで。売却で収入を得るには今夏がラストチャンスということでオラスも(未練は覗かせるものの)売却の方針。「バフェのようにタダで出て行くような真似はしないと信じている」とはオラスの弁。

アレクサンデル・ラカゼット、クレマン・グルニエ&マクシム・ゴナロン
3人ともこの夏は史上の目玉になりそうな選手ですが、この中でオラスはラカゼットを「非売品」と明言しており、契約延長の交渉を行う予定があるとのこと。グルニエも引き留めたいと言っていますが、ゴナロンだけは「良いオファーがあれば認める」と今冬に約束しており、こちらの慰留は難しそう。

その他
ミゲウ・ロペスに関して買取オプション行使ではなく、ローンの1年延長を打診する方向で考えているとのこと。オプション1000万ユーロでは仕方なしか。


ゴミスについては是非再考を……
スポンサーサイト

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コルシア、ソショーの練習に復帰 

セバスティアン・コルシアがソショーの練習に復帰しました。

コルシアは1月の移籍市場でリール移籍が公式にアナウンスされましたが、その後DNCG(LFPの会計監査組織)によりこの移籍が認められず、FFFへの上訴も結果は変わらず、リール移籍が事実上不可能になったためソショー復帰になりました。

コルシア本人は「失望した」といいながらも6月のリール移籍を目指すとしています。しかし彼にはウクライナやロシアからもオファーが届いており、最終的にどうなるのかはまだ未定といえる状況です。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コルシアのリール移籍、またもノン 

セバスティアン・コルシアのリール移籍を巡る問題で、FFFの監査機関であるCNOSFが、DNCGに続き不許可の決定を下しました。

リールは1月にソショーから180万ユーロでソルシアを獲得しましたが、財政条件を満たしていないとしてDNCGから移籍の許可が降りず、FFF。に上訴していました。しかし、今回の裁定でも決定が覆ることはなく、コルシアの移籍は認められませんでした。

リールはこの後ソショーと連名で行政裁判所に上告し、法的に移籍の正当性を戦う事になります。

それにしてもコルシアの運の無さ……。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

ガルド、ゴミスの契約延長を希望 

昨年8月、バフェティンビ・ゴミスの周囲はカオスと言っていい状況にありました。どうしてもゴミスを売りたくて仕方のないオラス会長は目を血走らせて買い取り先を探し、気がつけばゴミスはトップチームのキャンプすら参加を許されずリザーブチームで汗を流す日々。ニューカッスルなどの名前が挙がりましたが買い手が見つかる前にリサンドロ・ロペスが中東移籍を決めてしまったため、一転戦力として呼び戻されました。まさしくクラブの都合に振り回された1ヶ月と言えます。

そんな扱いを受けているにも関わらず、ゴミスは結果を出しています。リーグ8得点総合計15得点はいずれもラカゼットに次ぐチーム2位。今季チームが採用している4-3-1-2にも適応しグルキュフ、ラカゼットと強力な攻撃のトライアングルを作っています。少なくともピッチの上での振る舞いにクラブへの意趣返しのようなものは感じられません。

そんなゴミスですが6月で契約満了。普通に考えればこのままフリーで出て行くところですがゴミスはCdL直前の記者会見で

「代理人のところにオファーは来ているようだけど、まだ何も動いていないよ。契約延長だって選択肢の一つさ」

と、契約延長の可能性をほのめかしています。そしてこれにガルドが答えました。

「ゴミスは信じられない程スムーズに新システムにフィットしてくれた。現在彼はモビリティと有効なポジショニングでチームに不可欠とさえ言える存在感を示している。彼が契約延長を望むなら私に反対する理由は待ったうない」

断言しますがリヨンのファンでゴミスの放出を望んでいるのは会長たるオラスだけでしょう。可能性はかなり低いですが、ゴミスが来季も残ってくれるならこれほど心強いことはないでしょう。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

リール、コルシア移籍で上訴 

リールは本日、右ラテラルセバスティアン・コルシアの移籍承認をFFFに上訴することを公表しました。

コルシアは今冬の移籍市場でソショーから獲得しましたが、財務規定を満たしていないとしてDNCGからストップがかかっており、今回の上訴はそれを不服としたもの。コルシアは現在リールと契約を交わしながら公的な籍はソショーのままとドチrのクラブからも試合出場が叶わない状況になっており、問題解決が急務となっています。

リヨン移籍の破談にせよ今回の件にせよ、本人に全く責任のない理由からケチが付いており、少しではなく気の毒に感じます。早く解決して欲しいところですが……。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。