09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ガルドは4-3-3を捨てず 

今季リヨンのアイデンティティとなっていた4-3-3と決別し、4-4-2、あるいは4-2-3-1をベーシックシステムとして結果を出してきたレミ・ガルド。しかしVestiairesという雑誌のインタビューによれば、ガルド自身は2センターの信奉者というわけではないそうです。

「実際のところ、選手はもっともっと強くなれると思っている、私のアイデア次第でもっと力を引き出せると考えている、言い換えれば今はまだ選手が個の力で打開している状態で、チームとして機能させるために私は違うフォーメーションもあると考えている」

「4-3-3も選択肢の一つだが、私が想定するシステムではそれを機能させるには移籍市場で1人、あるいは2人の人材を獲得する必要があるだろう。実際にヨーロッパレベルの試合では中盤の構成力が重要であり、中盤を厚くできるシステムの有効性は無視できない。ただ、私が監督になった時、準備期間や選手構成がその選択肢を諦めざるを得なかった」


彼の理想と考える4-3-3はどんな形なのか、それについては具体例を挙げています。

「例えばアヤックスやレアルのシステムには興味があるし、もちろん連動性という点でバルサは目指すべき一つの到達点と考えている。しかしただ成功しているチームをコピーするのではなく、その哲学を理解しなければならない。バルサの選手は数年間に渡ってプレーの理想像を実践し続けている。これがあとどれだけ続くかはまた別問題である。今のところ、彼らはもっとも美しいサッカーをしている」


3センターをするなら、トップ下よりむしろ中盤の底、レキュペラトゥールでしょうか。夏の補強はガルドの希望を聞き入れた上で探す事になると思います。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/5953-f365a53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。