09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ロリアン‐リール戦(簡易版) 

ロリアン (第24節)
ドゥニアマ エメガラ
モネ=パケクタデュール
ロマオムヴェンバ
マルケガッサマ
マンガファレット
 ルコント 


リール (第24節)
 ルー 
アザールコール
ペドレッティバルモン
 マヴバ(c) 
ベリアドビュッシー
セットーシェジュー
 ランドロー 



szólj hozzá: L0-1L
リールは当初このメンバーで発表しましたが、試合直前にバルモンが負傷しギエに変更。

先週カップ戦、リーグ戦と2連敗したリールは今日も不振。人工芝のムストワにも戸惑ったのかポゼッションでも決定機でもロリアンに互角に戦われます。

特に最終ラインは散慢。先週ボルドーに5失点した試合でもそうですが、自陣バイタルエリアで相手に寄せずプレッシャーがかからないため、キープされ放題。安定感がないというより、怖さがありません。

攻撃も3トップが不発。アザール、コールはキレがなく、ルーもまだ周囲との連携に不足が。抜群の反射神経で点で捉えるゴールも、自ら持ち込む事も出来たソウと違い、ルーは下がり目の位置から柔らかなドリブルで抜き去っていくタイプなので、まず周囲にこれを認知させないといけません。

普段はゴールなんて奪わないのにこういう試合だと点を獲る選手というのがいて、それは大抵チーム生え抜きの忠誠心篤い男。リールで言えばその名はドビュッシー。76分、ペドレッティのスルーパスをエリア内で受けると、飛び出したGKの守備範囲外から流しこむようなゴール。この1点を守りきって逃げきりました。

ロリアンの敗因は決定力の低さ。ケルシアやアリアディエールなど、ストライカーに故障者が多く中盤で互角でもフィニッシュに力が入りませんでした。リールはとにかく今は我慢の時。セットーに早くフィットしてもらい守備の固さを取り戻さなければ、3位以内どころか5位以内も危ないと思います。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/5963-68162d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。