07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

CLベスト16・インテル-マルセイユ戦 

フランス最後の砦マルセイユ。目下チームは絶不調だがそれはインテルも事情は同じ。どちらがより悪いかというやや不毛な決戦の火蓋が切って落とされました。

インテル (CLベスト16・2ndレグ)
フォルランD・ミリート
 スナイデル 
サネッティポリ
 スタンコビッチ 
長友マイコン
サムエルルシオ
 J・セーザル 


マルセイユ (CLベスト16・2ndレグ)
 レミィ 
 ヴァルブエナ 
Aアイェウアマルフィターノ
エンビアAディアラ
モレルアスピリクエタ
ヌクルディアワラ
 マンダンダ(c) 



szólj hozzá: Inter vs Marseille 1:0 Milito


szólj hozzá: Inter vs Marseille 1:1 Brandao


szólj hozzá: Inter vs Marseille 2:1 Pazzini

OMは怪我で外れていたレミィや出場が危ぶまれていたアマルフィターノも先発するベストオーダー。
インテルはダイヤモンドの4-4-2。カンビアッソが外れているのが気がかりですが……。

まずは1点を取返さなければならないインテル。当然前線は前懸りに攻め込みますがマンダンダが大当り。ミリートの決定的なシュートがことごとく止められます。しかしOMの最終ライン、一見堅く守っているようで突破を許しすぎ。

そのOM守備陣以上に酷いインテルMF。スナイデルは2トップと前に攻めますがそれ以外の3人が消極的に過ぎ、中間にポッカリとスペースが空いてしまいます。システム的にサイドも空きやすいため、中盤でOMにボールを回されホームでありながらポゼッションでもむしろインテルが劣勢に回る苦しい展開。攻撃の形が出来ません。

インテルにとってもう一つの不運は主審。とにかく転べば試合を止める。それでなくても荒いインテルの守備はこれでカードまではいかないもののファールを量産する事になり、苛立ちからキレて審判に詰め寄る場面も。精神的な余裕がない事を露呈し、OMを落ち着かせてしまいます。

お互い単発で決定機を作るもゴールはなし。長友はここまでファールの多さばかりが目立つあまりいいとは言えない出来。

後半もほぼ同じ展開。スナイデルにアルーとエムビアがついているためにほぼ無力化され、インテルはマイコンが駆け上がってクロスを上げるしかない。ラニエリがスナイデルを諦める決断をしたのは58分でした。オビと交代。フォルランもパッツィーニと交代させてオーソドックスな4-4-2に。

さらに74分にカンビアッソを入れてワイドな攻撃を狙うラニエリ。これに対しデシャンはカバーリングに長けたシェルーを準備させ逃げ切りを狙う。

ところが一手遅かった。75分セットプレーからゴール前でボールが敵味方の間で暴れまわると、最後にミリートの足下に。これを叩き込んでついにインテル先制。トータルでも追いつき振り出しに戻します。OMはこのタイミングでヴァルブエナが下がる最悪な交代に。

天を取りに行きたくてもレミィを下げってまで入れたいストライカーのいないOM。延長、さらにPK戦までも覚悟したかのように時計を進めます。フランスはまたも延長戦に突入するのか?

ここでデシャンの直感が働いたのか、あるいはなにか気まぐれな超越者がミラン市上空を横切ったのか、ドラマが生れます。88分に怪我上がりのレミィを延長まで引っ張る事を諦め、ブランドンを投入。するとロスタイム……

マンダンダの思い切ったロングキックが一気にインテルのラスト30mラインを突破、直接ブランドンに届きます。ブランドンこれを無理に収めようとはせず、バウンドに合わせてCHを追い越すとサムエルが前にいるのも構わず左足を振り抜いた!なんとロスタイムでアウェーゴール!これで勝ち抜けは決まり!

しかし、万事めでたしで終われないのがこのチームらしい。この直後のインテルの意地の特攻をマンダンダが相手の足下に飛び込んで倒してしまい、PK&2枚目のカードで退場!代わって入ったこれがCL初登場のブラシリアーノからパッツィーニが決めて2-1。アウェーゴールで勝ち抜けは決まったものの、なんともモヤモヤした結末となりました。この1点が入ったところでアウェーゴールで勝ち上がりは決まっていたので、マンダンダは全く無理をする必要のない場面でしたが、GKとしての本能が身体を動かしてしまったとしか……


勝って敗退のインテル、マンダンダを次節出場停止の代償と共に勝ち抜けたOM、どちらにとってもダメージの大きい試合。ベスト8ではブラシリアーノに見せ場がやってくるので、奮戦を期待したいところです。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/5999-2f41f06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。