09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

フランス杯ベスト8・PSG-リヨン戦 

モンペリエまでがナシオナルのGFCOアジャクシオに敗れ、ベスト4にナシオナルが2チームも残る面白い展開のフランス杯。同じくベスト4に進んだレンヌにとっては初タイトルのチャンスですが、OLにとっても国内カップ戦2冠のチャンスとなります。

PSG (フランス杯ベスト8)
 ガメイロ 
ネネメネズ
ボドメルジャレ
モッタ
アルマン(c)ビシュヴァツ
ルガーノアレックス
ドゥシェズ


リヨン (フランス杯ベスト8)
リサンドロ(c) ゴミス
シェルシュトレムブリアン
ゴナロングルニエ
シソコレベイェール
ウムティティロヴレン
 ロリス 


[広告] VPS


リヨンはこのところベンチスタートが続いていたブリアン、ゴミス、シソコを先発。システムは変更なし。
PSGも控えメンバーを先発で送り出しての4-3-2-1。攻撃の迫力よりも安定感重視。

序盤はどちらかと言うと様子を見つつの慎重な立ち上がり。SHになってから攻撃面の貢献が大きいキムが高精度のクロスを供給しますがゴミスが決めきれず。

18分、メネズのクロス?をエリア内でウムティティがハンドを取られPK献上。しかしボールに対して完全に横を向いた体勢で、腕をしっかり脇につけた状態でボールに肘が当たったとてそれがなぜPKになるのか。ともあれネネが決めてPSG先制。

しかし、ASSE戦で今季通算20ゴールの大台に乗せ、勢いのあるゴミスがパワーでPSGのCH、DFを圧倒、空中戦でルガーノに上に被せられながら下から突き上げて吹き飛ばすなど脅威を与えます。

そして24分、そのゴミスがジャレに足をかけられ23mの距離でFK獲得。これを蹴るのはキム。キムのFKは美しい軌跡でゴール右上に突き刺さり、リヨン同点!いい流れです。

これで調子づいたキムを起点に攻撃を組み立て、守ってはロリスが(PKは防げなかったものの)絶好調、あいかわらず調子の戻らないガメイロにも助けられ、ゴールを許しません。

39分、深い位置まで上がったキムからのクロス。ニアのゴミスがスルーするとファーサイドにリチャ!完全にゴミスに釣られたドゥシェズのポジションにリチャはただ合わせるだけでした。1-2。いいイメージで前半を終えます。

後半開始と同時にアンチェロッティが動き、ビシュヴァツを下げてパストーレを送り出し、4-2-3-1に戻します。早めの修正は最近の内容の悪さに周囲の批判も目立ってきた事で焦りもあるのか?

しかしこれでやっぱり攻撃が活性化。パストーレがキープしても連動性が上がるわけではありませんが、単純に攻撃の人数が増え、またモッタ、ボドメルからのパスが収まるようになりシュート数が増えます。

54分にメネズが突破から素晴らしいシュートを放ちますが今日は大当たりのロリスに弾かれ同点ならず。メネズはこの日何度も首を傾げ、決まっているはずのシュートがロリスに止められる事に納得いっていない様子でした。

55分、CKでルガーノをロヴレンがユニフォームを明らかに引っ張って倒しますが主審見落とし。先ほどのPKの帳尻合わせと言われれば納得しそうです。

どちらも早め早めに選手を交代。PSGが54分にボドメルからマテュイディ、OLは60分にブリアンからバストスとどちらもほとんど機能していない選手を交代させます。どちらも試合中いた事すら忘れそうなほど存在感がありませんでした。

62分、63分とマテュイディ、パストーレが決定機を迎えますが、集中度の高いOL4バックが跳ね返します。するとカウンターでゴミスが完璧な抜け出し。落ち着いて左のリチャに折り返しますが、なんとこのボールをリチャが上空へ。完全フリーの決定機を外し本人も信じられないと言った様子。72分にダボと交代しました。

ダボをSHに4-2-3-1に移行したリヨン。一方パリもガメイロをオアロウに代えて高さを使ってきますが、戻りの早いダボとレベイェール、シソコが上手く守ってクロスを狂わせ、セットプレーではゴミスが戻って守備。なんだかドログバみたいです。

それでも苦しくなってくるとガルド、なんとグルニエをバコと交代、5バック――というよりほぼ6バック――でゴール前に鍵をかけます。

イタリア人監督相手にカテナチオを披露した新人監督の采配は成功をもって報われます。89分、バストスのカウンターアタックをジャレが足をかけて止めますが、PA内。ダイブをアピールするも聞き入れられずPKをゴミスが決めてダメ押しの3点目。これで勝負あり。リヨンベスト4進出を決めました。

アンチェロッティにとっては重苦しい内容の負け。個人技頼みの攻撃にフィニッシャーが力不足という今の問題点がそのまま出てしまい、2012年初(つまりアンチェロッティ就任後初)の敗北を喫してしまいました。終始荒いプレーでハラハラさせたモッタが退場にならなかった事が週末に向け唯一良かった点かもしれません。

ガルドがここまで露骨な守備固めをしてきたのは意外でした。APOELの敗戦で、時間帯に応じてバランスを崩す事を覚えたのかもしれません。


準決勝の相手はモンペリエを破ったGFCOアジャクシオ。このままカップ戦2つ獲ってしまえ!

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6013-d2e7171e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。