09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リヨン-ソショー戦 

監督交代後2連勝と多少ながらも持ち直しているソショー。正直今日までは持ち直さないで来て欲しかったと思いますが、リヨンも確実に調子を上げているので確実に勝ちを狙います。共にライオンをマスコットに持つ2チームの対戦は。

リヨン (第29節)
リサンドロ ゴミス
シェルシュトレムバストス
ゴナロングルニエ
ダボレベイェール
ウムティティロヴレン
 ロリス 


ソショー (第29節)
 ビュタン 
 マルタン 
ルーデブデブズ
ノゲイラロピー
ソージュコルシア
プジョルバナナ
 リシェール(c) 


[広告] VPS

リヨンはASSE戦のオーダーからラカゼットとゴミスを交換。キムは今日も左サイドにいます。
ソショーはビュタンの1トップにマルタンを背後に置く4-2-3-1。CHに20歳のロピーが入ります。

開始早々に獲得したセットプレーで、キムのキックにロヴレンが合わせて3分で先制。拍子抜けするようなあっさりとしたゴールでした。ロヴレンはリーグ戦ではこれが初ゴール。少し意外。

その後すぐにソショーが反撃。ロリスがバックパスを空振りする久々の珍プレーでヒヤリとしますが、すかさず自ら火消しして同点は許さず。

14分にソショーにアクシデント。カウンターで最終ラインを振り切ったビュタンがロリスと正面衝突。倒れ方が悪かったのかここで膝を捻挫してしまい担架で退場。早くもマイガと交代します。

アクシデントはあったものの試合はどちらかと言うとソショーペース。元々中盤の人数が多い上にマルタン、ブデブズというキープ力もテクニックもある俊英の存在が、中盤でのポゼッションでソショーを優勢にし、決定的場面こそ作れないもののリヨンにもチャンスを作らせません。また、全体的にソショーの選手はOLよりも足が速く、長すぎるくらいのパスにも追いつくためにOL守備陣は気の抜けない時間帯が続きます。そんな中でもDFを突破した相手にきっちり対応するロリスは見事。今季は足下の技術も向上し、空振りはあったものの見方のバックパスに対する対応が格段に良くなりました。

リヨンもバストスの強引な個人技からチャンスを作り、ゴミス、リチャが近い距離を保って連動しますがソショーDFがうまく対応し、追加点は挙げられず。これだけできて何故この順位にいるのか。ほとんど互角の展開、内容的にはむしろソショーが質の高いポゼッションを見せて前半を終了。

後半頭からガルドが動きます。グルニエに代えてフォファナ。疲れがあるのか攻撃面での貢献ができていなかったグルニエをより守備的なフォファナに代えてマルタンを捕まえる方向に修正してきます。

その他、システム上は4-4-2のままキムがトップ下気味に中に絞り、左サイドの攻撃はダボに一任するような位置取りに変更。これで中盤中央での人数を合わせてソショーに対抗します。

ダボは時折眼が悪いのかという目測の誤り(実際、彼は普段眼鏡を愛用しています)をするものの、身体能力に任せるばかりで判断力の低いシソコに比べるとポジショニングも巧みで周囲との連携もよく、左ラテラルとして十分な働き。2度も「出た、退場した」があったせいでタックルの度に不安が増しますが、戦術的に戦うにはシソコよりいいかもしれません。

この修正が効いたのか、相変わらず相手に攻め込まれる場面はあるものの中盤でボールを奪えるようにもなってきたOL。60分にはキムのスルーパスにリチャが反応しますがゴールならず。

しかし65分、なぜかライン際を離れ思い切って中に入っていたダボがボールを奪うとカウンター発動。フォファナ、レベイェールと繋ぎ、レベイェールのスルーパスに追いついたゴミスが冷静なループ!リチャがファーサイドに待ってDFに意識させた事もゴミスに余裕を与えました。リヨン2-0。

このままリチャにもゴールをと期待したいところでしたが、72分、逆にカウンターを喰らい、ロリスがエリア外まで飛び出してクリアーを狙いますがこれが裏目、マイガに躱され無人のゴールにボールを送り込まれソショーが1点を返します。

このタイミングでゴミスをラカゼットに代えて中央突破を強化、さらに82分にはリチャとブリアンという珍しい交代。キムが中に入り、バストスが左、ブリアンが右の4-3-3に。

DFの手前でボールを収められるラカゼットが基点となって押し上げ、キムを加えた3センターが中盤で踏ん張ってソショーの反撃を食い止めたリヨンが3連勝。暫定ながら4位に浮上しました。

モンペリエがASSEを、リールがエヴィアンを下し勝ち点差は詰められなかったものの、引き離されなかったのは収穫。特にリールはPSG、モンペリエと試合が残っており、リヨンにとっては抜き返すチャンスは十分。そのためにもそれまで負けは許されません。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6015-e634641c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。