07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

CLベスト8・マルセイユーバイエルン戦 

はぁ……

マルセイユ (CLベスト8)
 レミィ 
 ヴァルブエナ 
Aアイェウアマルフィターノ
エンビアAディアラ
モレルアスピリクエタ
ヌクルファニ
 アンドラーデ 


バイエルン (CLベスト8)
 ゴメス 
リベリーロッベン
 ミュラー 
クロースグスタフ
アラバラーム
ボアテングバヅシュトゥバー
 ノイアー 


マンダンダが出場停止のOMはGKになんと事実上第三GKのアンドラーデを起用。実際に試合に出てるのを見るのは初めてのような。
バイエルンは妥当。リベリーがヴェロドロームに帰還です。

一言で言ってしまえば「無残な試合」。ホームとは言え現在のOMがバイエルンに長く攻め込まれるのは予期された出来事でしたが、デシャンもそれは承知の上でとにかく凌ぎきるサッカーに唯一の活路を求めていたはず。しかし、そのプランを遂行するにはあまりにもアンドラーデが悪すぎました。

昨季までナンシーで正GKを務めたブラシリアーノを獲得したのは、アンドラーデの力量に不足を感じての事のはず。そのブラシリアーノを使わないと決めたのがフランス杯での敗戦が原因であることは疑いの余地がないところですが、たった1試合で決断するにはあまりに重大な決断ではないでしょうか。実際、判断ミス、処理ミスが多く、チームに余計な緊張を与えていました。

バイエルンの1点目はヴァルブエナのボールロストから。ラームにドリブル中のボールを奪われるとリベリー、ロッベンと繋がれ、最後はゴメスがほぼ正面からシュートで射貫きました。ほぼ正面からのシュートはいくらでも止められたように思いますが、触る事も出来ず。ポジショニング悪し、反応悪し。ラームのインターセプトの際ヴァルブエナを引き倒したようにも見えましたが、それは失点の主要因では無いです。

OMも開始6分のセットプレーなど、少ないながらもチャンスはありましたが、あまりにもプレー精度が低すぎました。アイェウ兄は存在感すら示せず、アマルフィターノのクロスも不発。ヴァルブエナも焦るばかりで効果的なプレーは少なく、ヌクルとエムビアの2人が水際で攻撃を止めているといった印象でした。

2ndレグはアルーがサスペンド。この試合の内容(もはや結果を覆すのは難しすぎる)と、その後のPSG戦の結果如何ではリーグ杯決勝でOLと当たる前にデシャンはいなくなってしまうかも……。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6022-b70447e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。