09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リヨン‐ヴァランシエンヌ戦 

ピュエルの時代から非常に相性の悪いヴァランシエンヌ。来季を考えてその苦手意識を払拭するためにもここでは勝っておきたい一戦です。

リヨン 第35節
 ラカゼット 
リサンドロブリアン
 グルキュフ 
ゴナロンフォファナ
シソコダボ
クリスコネ
 ロリス 


ヴァランシエンヌ 第35節
 サマサ 
ジュリッチドッセーヴィ
サーズコハド
 カマラ 
ボングドゥクルシュー
ジルイシマト
 ペネトー 


[広告] VPS


リヨンはゴミス、キム、レヴェイェールを休ませ。グルキュフを先発させる1.5軍。ザグレブ戦のメンバーに近い構成です。
ヴァランシエンヌはエースプジョルのいない苦しいやりくり。しかし高さのあるサマサも地味に厄介。

サッカーというよりバスケットゲームのような、攻守のターンがはっきり別れた試合に。

まずは主導権をとったのはリヨン。ゴナロンとフォファナがボールを散らし前の4人がゴールに向かうという意図は読み取れる。ただフォファナが相変わらず周囲に対して距離を調整できずパスの距離と強さが合わないのは困りもの。フォファナはゴナロンの代わりに使うならともかく、キムやグルニエの代役たり得ない気がします。

フランス杯決勝に続いての先発となる(リーグでは19節のVA戦以来!)グルキュフはやや高めの位置で得点に絡む動きを狙いますが、試合中何度かラカゼットとポジションが被るシーンも。ゴミスも含めてリヨンのCFはよく下がってくるので練習などですり合わせが必要。特に今季は4-4-2が基本になってトップ下の位置が真空だったので、下がって受ける癖がFWについている気がします。グルキュフが遠慮するよりもFWがこの地域をグルキュフに任せた方が攻撃は機能するとも思うのですが。

試合が動いたのは35分。フォファナのパスを右に開きながら受けたラカゼットがドリブル、中央をグルキュフが走って詰めますがラカゼットはあえて無人のファーサイドへクロス。すると「それ」が来ると信じて全力で加速してきたのはリチャ!フランス杯に続いてのホットラインでリヨンが先制します。

しかし得点後すぐに空いてに決定機を与えるのがOLの悪い癖。2分後、ドッセーヴィが速攻でDFを突破すると慌てたシソコが手を出してしまいます。ギリギリ外のようにも見えましたが判定はPK。シソコの後ろから追いかけると必ず手を出すのは癖か?シソコはPKを与えたり、オウンゴールしたりの印象がやたら強い。悪い選手ではないのに信頼しきれないのが非常に残念。コアドが決めてVA同点。

これで一気に流れがVAに傾きます。全体を押し上げてボール奪取を高い位置で行われ、リヨンは反撃に出れない。失点の原因になった後の恒例とも言えるシソコの強引なプレーに、右利きなのに右だと平凡なプレーヤーになるダボの両ラテラルが機能性を失いビルドアップもままならなくなります。前半終了時下を向いていたのはOL。立て直せるか。

後半も流れを取り戻せず。中盤が押し込まれて下がるとグルキュフも下がって低い位置から長めのパスで3トップにボールを供給しようとしますが、ポゼッションが出来ていた前半30分くらいまでならこの位置からのパスは効果があったと思いますがWGも戻らされていいる中では効果なし。逆にVAのカウンターに悩まされ何度もロリスが体を張って防ぎます。フォファナの縦のパスがカットされると必ずカウンターが通っているような。どこか所在なさげで周囲との距離感が何かおかしい。はっきりこうと言えないのだけれど。

66分にガルドが大胆に動きます。グルキュフとフォファナを下げると、代わりに入れたのはゴミスとグルニエ。なんと4-2-4で典型的ウィンガー皆無の超攻撃的布陣。ところがこれが当ります。

直後にセットプレーのチャンス。ピッチに入ってまだボールに触っていないグルニエがこれを蹴るとファーサイドのクリスが全盛期を思わせるハイジャンプ!ペネトーのポジションが悪く斜めに手を伸ばすもその上から叩いてライナーでネットへ。リヨン逆転。

4トップで攻めこむと明らかになったのが今日のペネトーの出来の悪さ。72分にはペネトーのフィードがラカゼットブリアンにパスとなるエデル以来の珍事。スルーパスを受けたリチャがこのペネトーを悠々と躱し3点目。リチャこれで15点。

さらに88分にはリチャのがエリア内でボールを悠然とキープし、そこからのパスにブリアンが決めて4点目。久々の完勝で前半戦の雪辱を果たしました。

ペネトーのあまりのお粗末さに助けられた感はあるものの、ガルドの采配が今回はズバリ的中。彼は攻守のバランスなど考えず、博打気味に次々攻撃の選手を入れるヒディンク流のやり方の方が結果を出しています。レンヌが負けたためこれで単独4位。リール、PSGは勝ってCLは遠くに霞んでいきますが、最後まで信じて戦い抜きましょう!

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6060-99f26596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。