07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ウクライナ-フランス戦 

フランス EURO2012・ウクライナ戦
 ベンゼマ 
リベリーメネズ
ナスリキャバイェ
 Aディアラ 
クリシードビュッシー
メクセスラミ
 ロリス 



Uktaine 0 2 France hoofoot.com highlights & All... 投稿者 hoofoot

フランスはイングランド戦でほとんど機能しなかったマルダと、守備で軽いところのあったエヴラを外しクリシーとメネズを先発。これがどう出るか。

ひどい雷雨で開始5分で中断。再開したのはそれから50分以上も後。録画失敗が世界規模で起きていそう。

まるでこの大会の間だけ時間を過去に巻き戻したようにキレのある動きを見せるシェフチェンコにメクセス、ラミが慌てる予想通りのシーンはあるものの、他に攻め手のすくないウクライナはどうしても決定機を多く作れない。一方フランスはメネズが入った事で左右両方から攻撃を仕掛ける柔軟さを手に入れましたが、フィニッシュの局面で(主にメネズが)精度を欠き、こちらは決定機は作れてもゴールに結びつきません。ベンゼマは今日も下がり気味。OL時代から思っていた事ですが、彼にはポストワーカーの背後で「10番」的な仕事をさせた方がいいのかも。もっとも今のフランスには10番は大勢いますが。

ウクライナのカウンターに手を焼くフランスでしたが、中央突破の要所をアルーが塞いだこと、ロリスが安定して相手の動きを読みきった事からゴールを許さず、次第に攻撃陣が落ち着いて組立を行うようになっていきます。

そして53分、リベリーの突破からベンゼマが下がって受けると落ち着いてメネズへ。ここまでよりイージーな場面を外していたメネズでしたがここでは見事にニアサイドの狭いラインを突き刺し先制。リベリーも突進しており得点の意識を強く感じたシーンでした。

その3分後には再びベンゼマのパスから今度はキャバイェ。ベンゼマ完全にチャンスメーカー。

その後キャバイェが足を気にする素振りを見せますが、ブランは素早くエムヴィラとチェンジ。さらにベンゼマに代えてジルーをEUROにデビューさせます。ジルーは最後まで試合に入れない様子でしたが、それでもチームは2点のリードを最後まで守り2-0の勝利。グループリーグ突破に大きく近づきました。

CBの守備範囲の狭さや、どうも本調子に見えないベンゼマなど気がかりな点はあるものの、どうやらノルマのベスト8は果たせそうなフランス。2年間レギュラーに関してはほぼ同じ顔ぶれにもかかわらず連携がぎこちないとか、実は戦術的なオプションが多くないとか、ここからは2014年に向けて克服すべき問題をしっかり検証しながら戦って欲しいと思います。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: EURO2012 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6126-87834727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。