07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

女子準々決勝・スウェーデン-フランス戦 

2012/08/03 ロンドンオリンピック
女子1/8Final
Sweden-France
スウェーデン11-22フランス
0-0

フィッシャー
得点
18
29
39


ジョルジュ
ルナール





試合前アビリーは「ショートパスを使いサイドから崩す」と言っていましたが、90分を通して見ると実践できていたとは言い難い。ネシブのポジションが高すぎる事もあって中盤のパスがカットされる事も多く、長いボールでネシブに受けさせ、ネシブがウィングにボールを出してクロスに飛び込む、というダイレクトなプレーが目立ちました。

得失点とも全てセットプレー。18分のフィッシャーの先制点はCKがニアサイドのPAギリギリに飛んだボールをフリーで合わせたもの。この試合も抜群の反応でピンチを防いだブアディでしたがこれは動けず。

それから11分後の同点ゴールはCK、更に10分後の逆転ゴールは35mのFK。どちらもスウェーデンGKリンダールが一度弾きだしたボールがリヨンCBであるジョルジュ、ルナールの正面に飛ぶ不運な失点。特にルナールの得点は相手DFに当って方向が変わったので、リンダールにはノーチャンスでした。このゴールが決勝点となり、昨年のW杯3位決定戦の雪辱を晴らしました。

コロンビア戦でも思いましたが、90分を通して同じ圧力をかけ続けられないのはフランスの弱点。日本相手には直前の親善試合同様最初の15分に強いプレッシャーを掛けてくると思われるので、その時間帯を耐えれば必ず集中力の落ちる瞬間が生じるはず。そこを狙えば勝機は生まれます。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス代表 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6198-34070bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。