09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ミラン・ビシュヴァツ 

正式に決まったところでミラン・ビシュヴァツについて簡単に経歴紹介を。



1983年8月31日、当時ユーゴスラビアだったコソボの生。身長は185cm。ポジションはCB。レッドスター・ベオグラードでは守備的CHを、PSGでは右ラテラルを経験していますがやはり本職はCBです。若い頃から将来を嘱望され2004年にはU-21欧州選手権で決勝に進み、同じ年のアテネオリンピックにも出場しています。ちなみにリールのマルコ・バシャとはこの当時からのチームメイト。

フランスに渡ったのは2007年、RCランスから。RCLが降格するとヴァランシエンヌに移り、そこでコンブアレと出会い、その縁で2年越しのラブコールに応えPSG移籍を果たしますが、ルガーノ、アレックスなどの大型補強のしわ寄せを受けて出場機会が減少、リヨンへ移籍してきました。コンブアレがいなくなって干されたと思われがちですが実はアンチェロッティに代わってからもリーグ戦11試合に出場していて(コンブアレ時代は8試合)、指揮官の交代やアレックスの加入にも関わらず出場機会は得ています。ラテラル起用も多かったですが。

RCランス時代、VA時代の印象は正直いうとあまりないです。ただし、ビシュヴァツがいたVAにはとにかく攻撃陣が苦しんだ記憶があります。コンブアレはベタ引きで守ってくる指揮官ですが、それにしても個人技で強引に突っかけると1対1で跳ね返されていた印象が。PSGではラテラルでもやれるだけの推進力がある事を証明していました。

クリスは残留したとしても今季限りなので最終ラインに経験値を持った選手が必要なのは共通見解。RMCラジオの解説者が「アレックスやルガーノに劣っているのはサラリーだけ。彼を使わないのはおかしい」と評した実力、リヨンで発揮される事を願いましょう。

category: サッカー(チーム紹介)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6246-c4fc1f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。