07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ユーゴ・ロリス 



ユーゴ・ロリスについてデータも含め、少し解説を

1986音12月26日生れの25歳。身長は188cm。OLでは202試合に出場(CL40試合を含む)し、代表も38キャップを記録しています。ピュエル政権に重なった不運もありタイトルはフランスカップとチャンピオンズトロフィーの2つだけですが、リーグ最優秀GKを3年連続で獲得し、フランスのベストキーパーである事に揺るぎはないです。


正確なポジショニングとアフリカ系選手にも劣らぬ近距離での反射神経の良さを兼ね備えた、鉄壁の防御力が最大の特長。ポジションの特性上何度も相手選手と激突していますが殆どの場合相手がKOされている、身体の強さも売り。唯一ロリスが当たり負けたのはニース時代にキムに蹴られて左手小指を骨折したくらいで、OLではOMのバカリ・コネの鼻骨を砕いたり、ソショーのビュタンを膝の捻挫でシーズン終了させたりと「ロリスト当たっちゃダメ」な感があります。至近距離でのシュートに対する反応は時に神懸りで、あまりの身体能力の高さがポジショニングやコーチングのインテリジェンスを目立たなくしてしまうほど。またポジショニングの正確さもありクロスの対応も上手い。ゴール前の番人としてはほぼパーフェクトな存在です。


しかし欠点も幾つか。まずPKに絶望的に弱い。7月のチャンピオンズトロフィーではPK戦で2度止めていますが、基本的に代表でもリヨンでもPKはほとんど止められません。蹴った方向に飛ぶことすら稀で、「思った方向と逆に飛べよ」と内心突っ込んだ事も何度かあります。

次に足下の技術は低い。低く、鋭いボールを蹴る事はまずないです。バックパスの処理も下手でたいして強くないボールでも1タッチじゃ止められないし、前に蹴りだす時身体の向きとボールの方向がまるで違う事は珍しくない。クリアーする必要がないのに前に大きく蹴りだしたと思ったらサイドラインを割ってスローインになるくらいは見慣れないといけないです。

最後に、責任感の強さが仇になる事も。DFに怪我やミスが続き崩壊気味になると、周囲にキレない代わり自分で何とかしようとしてしまい、普段なら考えられない判断ミスを犯すようになります。「DFはしっかりしていて、それでも相手の力が上回っている」時には何度でもピンチを救いますが、味方の守備が自滅していると一緒に巻き込まれるタイプです。

キックの下手さからカウンターサッカーには向きませんが、ヴィラス・ボアス監督のサッカーが従来通りならそれは心配ないでしょう。檄を飛ばすタイプではないものの責任感は強いのでキャプテンとしての資質もあります。あとはAVBがチェルシーのように選手との付き合い方を間違えなければ……。

category: サッカー(チーム紹介)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6305-6ebf0e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。