07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

PSG-ソショー戦 

翌週にCLポルト戦を控えたPSGはソショーと対戦。ソショーは4連敗の後2連勝と建て直しが上手く行きかけているだけに、このタイミングのPSGはありがたくないでしょう。

PSG 12-13第7節
イブラヒモビッチガメイロ
 パストーレ 
マテュイディシソコ
 ヴァラッティ 
マクスウェルジャレ
シウバアレックス
 シリグ 


ソショー 12-13第7節
 バカンブ 
 ブデブズ 
ルーデコントゥ
トラオレドゥバイ
ルシヨンコルシア
カンテペイベルネ
 ポプラン 


メネズを負傷で外したPSGはここでガメイロを今季初先発。アピールのラストチャンスか?
ソショーは味方サポーターから罵声を浴びるブデブズが先発。元オセールのコントゥが右サイドで先発。

この試合どうしても注目されるのはガメイロ。ステップアップのはずのPSG移籍が裏目に出て代表からも遠ざかってしまったこの1年、この試合でゴールを挙げ再び表舞台に復帰できるかに関心が集まります。

そして本人以上にその事をチームメイトが理解していました。ボールを意図的にガメイロに集め、ガメイロのゴールをお膳立てします。普段はエゴイスティックにゴールを狙うイブラもCL前に消耗を抑える事を選んだか下り目の位置に留まりゴール前に現れることを控えたため、自然ゲームはガメイロにフィニッシュが集約される形に。

そしてこの周囲の助けに本人も応えました。11分、パストーレからの長い浮き球のパスにオフサイドぎりぎりで飛び出すと、そのままゴール前まで進んでゴール!カンテに身体を寄せられながらもよろめくことなくシュートまで持ち込んだガメイロらしい得点でした。

3月11日以来となるゴールで気をよくしたガメイロはこの後も何度となくゴール前に現れ、多少無理な体勢からでもシュートを狙う積極性を披露。「家族全員応援に来てくれた」その前でかつての輝きを取り戻します。

そして33分、マクスウェルからのやや浅めのクロスに滑りこむようにしながらダイレクトで合わせ2点目。突き放します。

一方のソショーはコントゥが奮闘。マクスウェルや時にはチアゴ・シウバをも躱してゴールに近づきますがどうしても人数が足りず、ゴールを割れません。ワイドからのクロスに弱いシリグなので誰か逆サイドから迫っていればもしかしたら一矢報いる事も可能だったのでは……。

後半に入るとイタリア人指揮官らしく省エネモードで試合を殺し始めたアンチェロッティ。そんな中で意外な一面を見せたのはヴェラッティ。えげつないスライディングを見せたり、ファールをアピールする相手に顔を近づけて挑発したりと意外な気の強さを発揮。この気性は正直予想外でした。

結局この後ゴールは生れず、2-0で予定通りPSG勝利。暫定2位に浮上しました。

イブラがあれだけサボっていたにも関わらず盤石の勝利と言い切れるのはソショーの不甲斐なさもありますが、アンチェロッティのチーム作りが成果を見せ始めているから。ヴェラッティのゲームメイクからパストーレを媒介に2トップがゴールを侵略するスタイルはこのチームの攻撃性を存分に活かそうという意図が明確に現れています。守備専任であるべきマチュイディ、モモが少々物足りないものの、国内を安定して勝つだけの戦術を身に纏ったと言えます。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6385-13c2225b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。