09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ジルー「険悪だと言ったつもりは……」 

EURO2012において、結果だけを見ればノルマは果たしたといえるフランス代表がしかし、再び汚泥に塗れたのはナスリの暴言とエムヴィラ、ベナルファの不遜にして不敬な態度。ナスリはもはや擁護不能として後二者の件が明るみになった発端はオリヴィエ・ジルーが記者に語ったロカールームの様子でした。ジルーが何も言わないとしても表に出てしまった可能性は南アのアネルカの一件を見ても高いと思いますが、これにより再びフランス代表を見る目に2年前の悪夢が重なり、本来ピッチ上で興奮した選手がきつい言葉を使ったに過ぎないメネズの処分にまで波及してしまったのは事実です。(だから、デシャンはメネズだけはすぐに招集しているのだと思います)

そんなジルーは今でも記者が当時の事を聞きたがる事に多少の戸惑いと不快を感じているようです。

僕はただ、ロッカールームがヒートアップしていたと言っただけなんだ。紛糾していたとは思わないし、誰かが誰かを過度に攻撃したとも、敬意を完全に失っていたとも言ったつもりはない。僕自身は他の話と一緒に短くコメントしただけで大声で主張したわけじゃないのに、気がついたら発言だけがひとり歩きしてどんどん広がっていた。試合に負けた後なんていつだってそうだとも言い添えていたんだよ。僕の言葉は正確に伝わらなかった。僕は自分がそんな下衆のもうげ……

狙ったのか狙っていないのか「下衆の妄言(fouteur de merde)」は途中で言葉を飲み込んでいます。右手で国旗を振って応援しながら左手で中指を突き立てるようなメディアの姿勢は、日本でもフランスでもあまりチームのためにはならないと思いますが……。

category: フランス代表関連

thread: フランス代表 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6418-24e7ab28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。