09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

CL第3節・リール-バイエルン戦 

2連敗と後がないリールは守備の要であるマヴバ、ドビュッシー、バシャを欠く厳しい状態。バイエルンもロッベンがいないがトータルの選手層ではバイエルンが数段上をいきます。リールここで勝てば突破に望みを繋げますが……。

リール CL第3節
 デメロ 
ルーカルー
 マルタン 
ペドレッティバルモン
ディニュシディベ
シェジューベリア
 ランドロー 


バイエルン CL第3節
 マンジュキッチ 
 ミュラー 
リベリークロース
マルティネスシュバインシュタイガー
バヅシュトゥバーラーム
ボアテングダンテ
 ノイアー 



szólj hozzá: Lille vs Bayern 0:1 Muller
リールはベリアをCB起用するスクランブル態勢。一応最終ラインはどこでも出来るとは言えこれは厳しい。
バイエルンはCFにマンジュキッチを起用。やはり攻撃の切り札はリベリーか。

リベリーの突破を警戒し右サイドがほとんど上がれないリール。対するバイエルンもそのリベリーを含め選手の動きがいかにもピリッとせず、もっさりとした出だし。

リールはバルモンもリベリー対策に充てマルタンとペドレッティで中央の守備を担う3センターに近い形でしたが、守備力という点ではどう見ても不安なこの2人で、しかしシュバインシュタイガーからのパスはリールを混乱させられない。リヨンと対戦した時はこうではなかったはずです。

しかし悲しいかな今のリールはそれでもバイエルンを脅かせない。1対1でまともに戦えるのは”喧嘩師”バルモンくらい。マルタンは時折サイドに流れてクロスを上げる事はあっても中央からパスを通せず、カルーの独りよがりな技術はチームに何ももたらさない。結果ディーニュが大きく駆け上がって出すクロスにデメロが飛びつく以外の選択肢はなく――そのつもりでデメロを先発させたのでしょうが――、そのクロスにデメロは合わせる事も出来ない、打つ手が無い状態に。

18分、そのディーニュがミュラーを倒してPKを与えてしまいます。確かに後ろから追いかけていますがほとんど押してはいないのでディーニュにとっては気の毒。この試合ゴール前の審判がほとんど仕事をしていないような……2分後ミュラー自ら決めて先制。

先制されさらに試合が難しくなったリールですがここで無理にプランを崩さず、右でリベリーを止めながら左を重点的にカウンターを狙う戦術を継続。無理して2点目を獲られればゲームオーバーなので間違いではない。ただゴールは生れなかったというだけ。

前半はこうして0-1で折り返し。後半何か打つ手はあるのか?

ところが後半が始まるとピッチにリベリーの姿がない。どうも筋肉に痛みを感じて交代したとの由。これによりシディベのオーバーラップが可能になり、両サイドからの攻撃が可能に。

今日の試合を見て改めて思ったのは、バイエルンは戦術的には崩しのアイデアとかそういうものを持っていないんだなあと言う事。リベリーがいなくなり、チーム全体の運動力も少ないとなおさら、横に揺さぶるのか縦に入れて崩すのかというアイデアがないまま漠然とボールを回しているのが目立ってくる。基本的に選手の性能が上がれば同じ事をやるにもレベルは高くなるだろう、という考えが透けて見えるようで、ロベリー両方使えない試合はどうする気なんだろうと気になったくらい。こういうチームは選手個々の弱点をチームとして隠せていないケースが多いので、BATEもそうやって個人レベルの弱点を突いたのではないでしょうか。

ガルシアも後半からはカルーを早々に諦めパイェを(56分)、更にサイドで奮闘はしていたが機能していなかったルーをメンデスに(78分)交代。特にメンデスはドリブルとキープ力で瞬く間にバイエルン守備を侵略、この試合で唯一可能性を感じました。

この日の主審アトキンソンはどうもジャッジがおかしく、クロスを止めたベリアが(故意とはいえ)完全に手に当たったのを流したり。72分にはバルモンが前半のミュラーと同じような倒され方をしながら流されるなど不安定。しかしそれ以上何があるわけでもなく、0-1でリール敗戦。率直に言えば退屈な試合でした。


試合前からベテランは「ほぼ不可能なミッション」と口にしていた通り、はっきり格の差が出た敗戦。悲観論者の一人ペドレッティは「僕達は去年から何も学んでいない」と、2年連続のCL挑戦という経験が活かされていないと嘆きました。昨季は「勉強の年」とリールの4位敗退も暖かく見守っていたファンも「結局リヨンやマルセイユのほうが期待できる」「どん底」と厳しい意見が目につきはじめています。グループFはリール以外の3チームが勝ち点6で並ぶ混戦。3強1弱の現実が北国のクラブに冷たく突き刺さります。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6464-091443e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。