09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ルーキーズ 

リーグ1の楽しみの一つに突然出てくる新人選手の発見があります。多くは主力を国外リーグに奪われての苦肉の策としての選手起用であり、毎年20人現れても3年後には7割がただの人に戻っていますが、クラブのサポーターはそのルーキーの未来に泡沫の夢を追いかけ、チームの未来に希望を見つけてその日の酒を旨く呑む。そんなわけで多くのクラブはユースからの新人育成に力を入れ、ブレイクの兆しが見えればHPやクラブが運営する動画配信サービスで積極的に売り込みグッズ販売に繋げる努力をするわけです。弊害として選手が自分をスター選手と勘違いし、増長から本来の能力を開花することなく消えて行く選手も多いのですが……。

今年も既に何人かがレギュラー、準レギュラーのポジションを掴む新人が現れ、チームに活気と競争を促しています。中には昨季デビュー済みの選手もいますが、今季注目されるユース生え抜きの若手を紹介。

アドリアン・ラビオ(PSG)

1995年4月3日生れ。ポジションはCH。13歳の頃にマンチェスターCにスカウトされ渡英するが、本人のホームシックと家庭の事情から1年で帰国、その後クレテイユなどを経て15歳からPSGユース入り。アンチェロッティの眼鏡に適い生え抜き不在の中盤で先発起用される大抜擢を受けた。
本来はジェラードに近いキャラクターの選手だが、現在は3センターの一角として推進役とサポートに徹したプレーでチームを助ける。試合を見る限りミドルなどはそれほど脅威ではない模様。飛び級でU-19に招集されゴールも決めている。

ルーカス・ディーニュ(リール)

1993年7月20日生れ。身長184cm。ポジションは左ラテラル。12歳からリールに在籍する。チームのCBに負傷者が続出した昨季、ベリアが一時的にCBにコンバートされた際に出場機会を得、2月22日のソショー戦で初先発を果たす。
状況判断力が高く、攻め上がりとリトリートのタイミングが適切でクロスも中をよく見た正確なクロスを出す。CLプレーオフではゴールも記録、今季明るい話題の少ないチームにとって数少ない希望と言われている。

スティーヴ・ヤゴ(TFC)

Steeve Yago signe son premier contrat pro ! 投稿者 TOULOUSEFOOTBALLCLUB
1992年12月16日生れ、ポジションはCB。身長179cmとそれほど恵まれた体格ではないが瞬間的な加速力、跳躍力の高さでカバーする。予想外にフィードに見るべきものがあるものの、CBとしては経験値が絶対的に不足しており、クラブ全体の傾向でもあるライン軽視の守備もあって突破を許すケースは多い。

ユース出身はTFC、レンヌに特に多く、リール、リヨンがそれに次ぎます。ボルドーはヴァルブエナ、クリショヴィアクなどトップ契約されない選手が他のクラブでデビューし成功していたりするケースが目立つ。ロリアンはユースの整備を始めて日が浅く、これからに期待と言ったところでしょうか。彼らにも期待してください。

category: サッカー(チーム紹介)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6480-3b6b5817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。