09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リヨン-スタッド・ランス戦 

毎度の混戦で現在勝ち点1差で5チームがひしめく団子状態。この試合に勝てば暫定で単独1位に踊り出ます。ホーム成績首位のOLとしてはアウェー未勝利のスタッド・ランスが相手なのは組み合わせに恵まれていますが。

リヨン 12-13第13節
 ゴミス 
リサンドロラカゼット
 グルキュフ 
ゴナロンマルブランク
ダボレベイェール
ウムティティビシュヴァツ
 ヴェルクトル 


スタッド・ランス 12-13第13節
 トゥディック 
ジエゴフォルテス
デヴォー
 クリショヴァク 
スアレマンディ
タカルフルヴェーバー
 アガサ 



[広告] VPS


[広告] VPS
リヨンはロヴレンが負傷、バコがサスペンドのCBにウムティティが先発している以外は通常のレギュラーメンバー。少し固定し過ぎなのは気になりますが現状のベストメンバー。
スタッド・ランスはCFに途中出場の多いトゥディックが先発。安定感のある中盤は健在。

立ち上がりからグルキュフがミドルを撃つなど積極的な立ち上がりのOL。グルキュフ、マルブランクはどちらも無意味な横パスで成功率だけを上げるようなプレーを選択しないので見ていて小気味いい。

ホームで強くアウェーで弱いスタッド・ランスですが、GKのアガサとシャルニエールのヴェーバーとタカルフル、それにクリショヴィアク、カ、デヴォーの3センターで構成されるセントラルの守備が非常に安定しており、ここで相手の攻撃を受け止めてから押し上げが効くのがチームの強み。相手が強気に前に出てくる相手ホームでは押し負けて勝ち点が伸びない理由でもありますが、ビルドアップしながら少しでも高い位置でサッカーをしようという姿勢は昇格したばかりの弱者のサッカーには見えないです。

今日もパスサッカー志向の強いOL相手にCBが踏ん張り、次第にりよんがシュートで終われなくなってきます。だからと言ってリヨンのゴール前に大きな脅威が訪れるわけでもないのですが、ボールは支配してもフィニッシュにいけないスタッド・ランスにとってのプラン通りの試合に。

スタッド・ランス最初の決定機は35分、オフサイドギリギリで飛び出したトゥディックが右に流れてクロスを上げると、待ち構えていた左サイドのブラジル人ジエゴがジャンピングボレー。僅かに上に上がりすぎクロスバーを叩きますが危ないシーンでした。

OLの先制点は意外な形で訪れます。前半終了間際、セットプレーでグルキュフのFKはフワリと上がってゴールから離れた左サイドへ。これに追いついたのは何故かレベイエール。ドリブルしながら粘るとゴール前で待つゴミスに強めのパス。これにヴェーバーとラカゼットが競うように飛びつくと、ボルガヴェーバーに跳ね返ってそのままゴールへ……ポジショニングに注意を払ってよく守っていたヴェーバーの不運なオウンで前半終了間際に均衡が崩れます。

後半もリヨンがボールを持ち、スタッド・ランスはこれを粘り強く跳ね返す展開。サイドでボールに触れないことに焦れたリチャが頻繁に下がったり内側に入ったりと恐らく戦術的な約束事を破った動きを見せ始めますが、優秀なパサー2人と意外に周囲を使うのが好きなゴミスが上手くボールを回し少しづつ中盤から前線に戦場を出していきます。

そして73分、マルブランクのクロスはゴミスにの前に立ちはだかったクリショヴィアクがカット、しかしこれがまたオウンになりそうな勢いで自軍ゴールへ。幸運にもクロスバーに当たりますがこの後が不運だった。ゴール前6mという至近距離でクロスバーに跳ね返ったボール、これにダイレクトボレーを合わせられる反射神経の持ち主というリーグ1でも多くはないであろう1人がゴール前にいました。ゴミスのシュートがネットを揺らしリヨン2点目。

こうなると後はリチャのゴールが出れば完璧ですが、今日のリチャは運が無い。79分にはゴミスのパスで抜けだしますがニアに寄り過ぎ狙いすぎて枠を外れ、82分にはマルブランクのシュートがブロックされるとまるで初めからそれが狙いだったようにリチャにピタリと収まりますがシュートはアガサのファインセーブ。チームメイトも明らかにリチャにゴールを獲らせたがっているのが見えるだけに歯がゆくなります。

報われたのは89分、ゴミスが下がりリチャがCFに移った直後、マルブランクのスルーパスが炸裂、リチャはアガサを躱してゴールに優しく流しこみついにゴール!3-0でリヨンが暫定単独首位に踊り出ました。

内容的にはもう2,3点入ってもいいくらいの試合でしたが、十分に満足な出来の試合。消化試合が1試合少ない中で単独首位に立つのはシーズン前には想像しにくい好調です。ゴミス、リチャも順調にスコアを積み重ね、このまま首位を固められる予感すら感じられます。

木曜日のELで全勝と1位突破を確定させ、TFC、OMという大一番に備えたい!

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6544-c958d346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。