07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

前半戦を振り返る(2) 

第2回の今日は10位~14位。比較的「収まるところに収まった」感がある5チーム。

14位 ブレスト
勝ち点21 6勝3分10敗 20得点28失点
昨季はリーグ最多の15引き分けを記録した負けないチームが、今季は3分と勝ち負けのはっきりしたチームに。スタッド・ランス同様ホームで強くアウェーに強い点も含めてオンオフのはっきりしたチームに代わりました。ゼビナの移籍が引いて守り切るDFを弱体化させ、1対1に強いGKテボーがホームではカウンターを凌いでくれて成績的にはプラマイゼロ、という感覚です。76分以降に8得点と総得点の4割を稼ぐ終盤勝負型で、前半45分間の6ゴールを上回る。この集中力をシーズン通して保てるか。


13位 バスティア
勝ち点22 6勝4分9敗 26得点41失点
ファン・デル・ヴィールの移籍金にも満たない赤貧の財政ながら獲得資金ゼロの補強が全部当たってよもやの大躍進。いつ見ても自軍か敵軍かどちらかが必ず3点以上獲っている豪快な試合と、リーグワーストの警告(50枚!)が示す通りの荒っぽすぎるサッカー。一方でCKからの得点がリーグ最多で右のカズリ、左のロテンという狙撃兵を揃えたセットプレーは脅威。リーグ最悪の守備もランドローの獲得に成功し後半台風の目となるかもしれません。


12位 トゥールーズ
勝ち点26 7勝5分7敗 25得点20失点
いつの間にここまで、その1。一時は首位争いすらしていて、リヨン相手に3-0と完勝したりと素晴らしい勝ち方をしたかと思えば攻撃を放棄したバスティア相手にチャンスを作れないばかりかカウンターからピンチを招くなど、いい時と悪い時がはっきりし過ぎているチーム。選手層が極端に薄く、ベストメンバーが組めないと一気に瓦解する脆さがあります。ポテンシャルはあるので順位は上がると思いますが、EL出場権となると……。


11位 モンペリエ
勝ち点26 7勝5分7敗 29得点24失点
ジルーが抜けて攻撃力がダウンしたと言われますが、リーグ4位タイの得点は一見それほど悪くないように見えます。しかし7敗中5試合が1点差負けという勝負弱さはたしかにジルーの不在を感じさせます。前半戦だけで2度退場を受けた選手は3人いますがその中で唯一の攻撃の選手がベランダ。この中心選手が退場とその後のサスペンドを受けるのもチームにとっては痛手でした。もっともCLが終わりリーグ戦に集中できる後半はCLで成長したキャベラやシャルボニエの存在もあり、特に上位にとって警戒せずにはおけない相手。


10位 サンテティエンヌ
勝ち点27 7勝6分6敗 24得点14失点
いつの間にここまで、その2。 リヨンと対戦するまではPSG相手に連勝するなど破竹の勢いでしたが、宿敵相手に0-1で負けるとそのまま連敗で一気に10位まで急降下。それだけ勝ち点差が接近しているのですが、尻すぼみ感は大きいです。リーグ2位の防御力を誇る要塞のような守備がある限り大敗は後半戦もないと思いますが、オーバメヤンを止められると完全に沈黙する攻撃陣には何らかの補強が必要。リヨンのサポーターとしては絶対に応援できない相手ですが、このチームが強い時はリーグ全体が活気づくので弱すぎては困るクラブです。

次回は4位~9位を。

category: サッカー(チーム紹介)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6652-3ad40b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。