10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

バフェ・ゴミスインタビュー「我が子のために!」 

Fanny-Mokas-Lyon-Capitale_image-gauche.jpg

Lyoncapitaleに掲載されたバフェ・ゴミスのインタビュー。実際のインタビューは11月16日らしいのですが昨日ウェブサイトに掲載されたのでご紹介します。元のインタビュー記事はこちら


バフェ、11日のソショー戦でL1出場250試合だね。君はこの先、どんな風に歳を取って行きたいんだい?
素直に嬉しいな。今僕はキャリアのちょうど中間地点にいると思う。CFとして僕はほぼ3試合に1点獲っている計算になる。しかも大体毎年同じペースで積み重ねているんだ。僕はこれまで――ヘディングのやり過ぎ以外には――大きな怪我をした事がない。元から頑丈なのもそうだけど、怪我をしないための準備も日頃から怠らないからなんだ。まだスパイクを片付ける事は考えてないね。もちろん少しでも長く現役でいられるよう身体のケアには今まで以上に気を遣っているよ。

君は少し規格外のプレーヤーだ。君のファンはそのピッチ上での君のデュエルの強さを楽しむが、君を批判するひとは君のゴール前での不器用さを持ち出す。この評価の違いはどこから来ると思う?
誰でも全員から認められる事はできないと思うよ。言えるのは僕がバフェ・ゴミスだってことさ。僕は懸命に走ってユニフォームやレガースを汗で濡らす、そういう選手なんだ。それはチームに貢献していると思う。ストライカーが引退する時、僕達はそのゴール数とともに効果的であったかを見る。OLのようなビッグクラブでプレーし、代表にも呼ばれるようになったけど、それは僕のこのスタイルが必要とされていると言う事だと思う。そういった批判が自分の役に立つか?場合によるね。建設的な批判もあるし、その中には実際に僕とコーチの間でも話し合った事もある。そういう批判なら僕を成長させる。ファンの中には過激な言葉や態度で攻撃する人もいるけど、それは彼らのクラブ愛や情熱の結果だから、僕は彼らに批判を返すつもりはないよ。一部のファンにとっては僕がサンテティエンヌから来た選手である事が面白く無いと思っている人がいる事も知っている。でもそれも僕の選んだ道だからね。

君自身が考える君のプレースタイルはなんだい?
ボールを相手に渡さないようにキープして攻撃に奥行きを与え、攻撃を継続させる事ができるCFかな。でも最大の仕事はゴールを決める事だと思ってるよ。

Fanny-Mokas-Lyon-Capitale_medium.jpgチームのことも訊かせてもらえるかな。君から見て昨季と今季、チームはどう変わったと思う?
まず若返ったよね。何人かは昨季のうちにトップデビューも経験していて、チームに馴染んでもいた。フランス杯、リーグ杯の決勝に進めたのは彼らルーキーの活躍もあったからそれは彼らに信頼と経験を与えたね。ミシェル(バストス)と僕に関する売却の噂は本当言うと不安だった。そんな中でチャンピオンズトロフィーを勝ち取った。これでチームのためのベストフォーメーション作りに取り組めるようになった。監督はクラブの戦略を理解し、その中で最高の結果を出そうとしている、そういう監督がいる事も幸運だったんだ。今僕達は全員が監督の言葉に従って動いている。全員が共通の目標に向かって走っているからこその結果なんだ。

君自身は君のキャリアにプランはあるのかい?
いや、ないね。自分がどこにいつまでいるかなんてとても言えないよ。僕が14歳でサンテティエンヌに来た時、僕はここに10年いる事になるとは思っていなかった。リヨンは僕の最初の新しいクラブだ。それから4年が過ぎた。大事な事は毎年進歩する事なんだ。僕は毎日そのために練習している。試合で進歩を見せるためにね。

君は元ステファノワなのに、今じゃ生粋のリヨネのようだ
僕は自分が元ステファノワだって事を否定するつもりはないよ。僕はあそこで暮らした日々を誇りに思っている。そして同じように今はリヨネである事に満足しているんだ。僕が選び、そして上手く行った。もし神様がそう望まれるならキャリアの終わりはリヨンにいるかもしれない。僕の息子はリヨンで生まれた。僕はリヨンの街が大好きなんだ……息子に寄ってくる風邪のウィルス以外(笑)

息子が出来た事は君のサッカー人生に影響を与えたかい?
プレーをミスしたり、試合に負けたりして不機嫌になって家に帰ったとするよ。でも、戻って自分の息子を腕に抱き上げると、そんな事全部忘れちゃうんだ。僕は彼のために生きなければならないと思う。僕は今まで色々な戦いを経験したけど、一番難しい戦いだね。僕は今初めて怖いと思っている。僕はこの子に価値観や信念を教えたいんだ。この子を正しく育てたいんだ。

君の宗教観を聞きたいな。やはり人格形成に影響があったのかい?
もちろん。それは僕を強く正しくしてくれた。良いサッカー選手になるには練習を真面目にやって、結果を出せばなれると思う。でも良いチームメイト、そして良き人間となるとこれはもう少し複雑になる。ここで嘘を言っても仕方ない、僕は別に聖人君子というわけじゃなかった。僕はスーパーマーケット(訳註:ASSEの事。クラブの前身がスーパーのサッカー部だった事から)に着いて以来でたらめなガキだった。子供の頃住んでいた場所は少し厳しい場所で、僕もその影響を受けたんだ。サッカーのコーチはときには僕の父親代わりにもなってくれた。そしてベルナール・ラコンブ、彼は僕が良くないことをした時、わざわざ電話をかけてこう言ったんだ。『バフェ、君は自分がサッカー選手でいられる事がどれほどの幸運なのか、それを忘れてはいけない』て。その言葉は今の僕の原点になってる。ベルナールのような偉大な男には僕はきっとサッカーをやっていなければ出会えなかっただろうね。

何となく、君はロッカールームから出たら後は服を買うこととTVゲームにしか興味が無いかと思っていたよ……
ノン、ノン、ノン。もう一度考え直そうか。ロッカールームには当然だけど色々な個性が集まっているんだ。読書が趣味という人もいる。外で飲み騒いだり、映画を見るのが好きというのもいるし、ゲーム好きもいる。つまり、人それぞれなんだ。監督だってこれだけバラバラな個性の相手をするのは苦労してる。サッカー選手になるには色々なものを犠牲にしないといけない。目に見えない仕事がたくさんある。だからこそ、そういう息抜きを自分にプレゼントする事が必要になってくるのさ。

君は本当に服好きだよね。きっかけはなんだい?
自分自身を燃え立たせるため、かな。僕は実際服が好きだよ。それは子供の頃からなんだ。子供の頃あまり家にお金がなかった時から、礼拝に行く時はきれいな服を着たいとせがんだ。サッカーをする時は穴の空いた靴を履いていても、学校や教会に行く時は綺麗な靴を履いていたくらいだよ。サッカー選手になって最初の給料でも服を買った。基本的には派手な色が好みだけど、あまり悪趣味や成金趣味にはなりたくない。ジーンズにわざわざ穴を空けるとかはしないね(笑)そういう写真を見た人がどう思うか……人は知らない人の事を服装で人格を測るからね。


Fanny-Mokas-Lyon-Capitale_medium (1)君はSNSを非常によく使っているよね。それは君のイメージ向上に役だっていると思うかい?
SNSを通じて僕のサッカーライフを発信するのはいい事じゃないかな。練習場の写真や日常の様子を僕の感想を添えて投稿する。大した事じゃないと思うんだ。僕はファンと交流したい。別に自分を飾るつもりもないし、自然なままを見せようと思ってる。結構評判もいいんだよ。

じゃあ、君がそれらを通じて伝えたい事ってなんだろう?
僕はきちんと教育を受けた人間だってこと。サッカーは大量のお金を生み出して、その中で選手はまるでカタログの中の存在のように近付き難いと思われている。でも僕を信じてくれるなら、リヨンの選手は僕が写真で見せている通りとても素朴でとっつきやすい普通の人たちって事が判るはずさ。

僕も君の言う事を信じたいよ。でも実際に選手と一般人とのギャップはかなり大きい。君たち(サッカー選手)の中の何人かは実際にバブルの中にいる
僕達だけの要因でもないんだ。僕の友人がレストランに入った時、まだ空席があったのに予約だからと断られた。たまたま僕がすぐ後に同じ店に入ったら予約していたわけでもないのに問題ありませんと通された。僕はこれがいい事だとは思わない。これは逆も言えるんだ。一部の選手には悪い取り巻きがいて、彼らが甘い汁を吸うためには選手は無知な方が都合がいいんだ。

私達は以前TGVで一等席ではなく二等席に乗らなければならない事に文句を言っている選手を見た事があるよ
彼ら自身の自我にも関係しているんだ。本当に極少数だけどどうしようもない選手というのはいるとは僕にも承知している。彼らはあまりに甘やかされすぎたんだ。僕達は14歳から自分で自分を食わせなければいけない。幾つかの悪事がある事を否定はしない、でも必ず進歩と改善があると信じたいんだ。あと、これは個人的な意見だけど、ニュースを見れば僕達の周りで何が起きているか判るだろう。フランスは社会的にも経済的にも困難な時代にある。秩序がなければサッカー選手の品性もそれだけ低下するよ。

category: サッカー(チーム紹介)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6664-42885372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。