05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ブリアンにベシクタシュが関心 

29086 - コピー

モンソンの移籍が現実味を帯びた今、「もう一人」は誰かがサッカーメディアの関心の中心になっています。事実上ゴミス、バストスの残留が既定路線になったため、他の一人を探さなくてはならなくなったためです。

そんな中で話が来るのはトルコからの話題。フランスリーグは微妙な立ち位置のリーグで、トッププレーヤーはプレミアやリーガ、一部はセリエに渡り、盛りを過ぎた選手はギリシャ、トルコの地中海方面に去っていくという2つの潮流があります。盛りを過ぎたといってもフェネルバフチェ、ガラタサライのトルコ二強はさすがに話題も派手で、今期もフェネルバフチェがベランダ、グルキュフにオファーを出しているというニュースが紙面を賑わせています。

その中でL'EQUIPEがスクープ記事としてほうじたのがジミー・ブリアンに対するベシクタシュからの関心というニュース。怪我で戦線離脱した事もありますが右サイドのレギュラー争いでラカゼットに対しオサレ気味で、更にゴミスが不動の存在になった事でリチャが左に回り、バストスまでが右サイドの競争に加わっています。バストスが残るならブリアンは非常に不安定な立場に立たされてしまう。そこにネネなどサイドの人材を探すベシクタシュが接近しているようです。ベシクタシュに直接OLから渡った選手は近年いませんが、PSGからエドゥアール・シセを獲得し、後にマルセイユに売却したようにトルコでもリーグ1とのルートが強く、また比較的資金に余裕があるクラブ。L'EQUIPEはこのニュースに自信がある様子です。

さあ、どうなりますか。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6694-1f6f9dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。