07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

マルブランク「ニューカッスルは10年前のアーセナル」 

61749.jpg

金曜日のヴァランシエンヌ戦に向けての定例会見に出席したのはガルドとマルブランク。両者ともに現状チーム状態が悪化している事は認めているものの、マルブランクはより楽観的です。

今たしかにチームは悪い流れに入っていて、一度止まった歯車を動かすのに少し時間がかかっています。ラカゼットのように怪我から戻ってきてまだ本調子でないものがいるのも原因でしょう。つまりは時間が解決する問題で、いずれは全てが上手く回り出すでしょう。ただ、いつになるのかまでは判りませんが……

移籍の噂が与えている影響についてもはっきりと「ゴミスのパファーマンスを損ねている」と認めたガルドに対し、マルブランクは「大きなトラブルにはなっていない」と影響を小さく見積もっています。この辺は下手に言えばフロント批判となりかねないと判断したか。

記者の質問はそこからリーグ主力のプレミア流出について。自身が10年前フルアムに移籍しその後3つのクラブで働いた経験を持つマルブランクは、10年前にも似た流れがあったと説明し、また、経験者として注意すべき点があると述べています。

ニューカッスルは2000年代初めのアーセナルの状況に非常に近いと感じます。アイダラ、ドビュッシー、ヤンガムビワ、グフランがこの冬に加入し、その前から6人のフランス人がいます。これから彼らがニューカッスルに繁栄をもたらす可能性はあると思います。しかし、私のフルアムでの経験で忠告するなら、一つのチームにあまりに多くのフランス人が集まった時、チーム内に小さくない緊張が生まれると言う事です。事実(当時監督だった)ジャン・ティガナから、私達フランス人に対し日常でも英語を話し、英国の文化を受け入れるよう要望していました

最後に再びプレミアの最前線で戦ってみたくなったか、との質問を受けたマルブランクは、

私の年齢ではもう難しい、リヨンでの戦いに集中するとしますよ

と否定していました。

category: サッカー

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6731-a3d8f993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。