09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

PSG-リール戦 

うーん全般的に審判……。

PSG 12-13第22節
イブラヒモビッチ メネズ
ラベッシルーカス
マテュイディモッタ
マクスウェルジャレ
アルマンサコー
  


リール 12-13第22節
 ルー 
パイェロデラン
 マルタン 
ゲイエバルモン
ディニュシディベ
シェジューバシャ
 エレナ 


PSGは前4人はボルドー戦と同じ、シャルニエールにアルマンとサコーのレフティコンビ、モッタも復帰しています。
リールは中盤を今回はバルモン、ゲイエ、マルタンで構成。マヴバは手術するそうです……。

かなり大きなハンデを背負っているリールですがこの試合を落とすとEL争いから大きく後退してしまう。そのためか中2日でも選手の士気は高く、PSGがどういうわけかオープンゲームに応じてくれたため攻めこまれながらも攻め返す見てる側としては面白い展開になります。

PSGは相変わらずイブラの運動量が少なく、メネズは相変わらずイブラの意図を理解せずにプレーするため連携が噛み合わずで攻撃にスムーズさがないのは相変わらず。疲労もあってかイブラが少しずつプレーがラフになっているのは気のせいであって欲しいもの。

サイドよりもむしろ中央突破でゴール前で横に広げるサッカーの方が有効と判断したリールはマルタン、バルモンの2人とルーを使って中から攻めます。なぜモッタが復帰したのに中央が弱いのか判然としませんが、また少しずつチーム全体の緊張感が薄れているのかもしれません。

事件が起きたのは33分の事でした。CKにニアで合わせたロデランのヘッドはファーサイドに向かって一直線、ルーの頭には触らなかったもののシリグも触れずゴールネットを揺らす!無失点記録577分でついに途切れるか!……と思ったところが判定はルーのオフ代ド。触ってはいないがプレーに関与しているとの事ですが、リプレイで確認するとそもそもオフサイドではない。ハーフタイム中Canal+のスタジオでは「試合後のレオナルドのコメントが楽しみだ。PSGは保護されているとでも言うかな」と痛烈な皮肉。試合の流れを変えてしまう重みある誤審でした。

このジャッジ以降リールの選手が目に見えて審判団に不信を抱くようになり、笛が吹かれる度に抗議するように睨みつける。ガルシア監督もゴールラインギリギリまで前に出て抗議の絶叫をしパルクは異様な雰囲気に。もしこれがリールホームだったら暴動になっていたかもしれません。

HT中にも審判の控え室まで抗議に行くガルシア監督。選手を落ち着かせることが出来るか。

後半に入ってもボールはPSGに持たれながらもリールがカウンターで反撃するながれは変わらず。52分のパイェはシリグ正面、63分にはバルモンがマーカーなしでゴール前まで迫ったものの弱気が顔を出したか謎の横パスでチャンスを潰す……嫌なフラグが積み重なっていきます。

そして68分でした。ラベッシのクロスにファーサイドで待ち受けるイブラ、ここに通させまいとエラナ必死のジャンピングキャッチ!ところがこれが僅かの差でファンブル!てからこぼれたボールは50cm先のシェジューの胸にバウンドし……ゴールへ。痛恨のオウンゴール。あまりに重い1点はPSGのスコアボードに記されました。

リールもデメロまで投入して反撃しますがパワープレーも実らず1-0でPSG勝利。PSGは首位を守りました。

PSGのコンディションはかなり悪く、悪いなりに勝てるのが強さの証明とは言えCLに向けて不安があるのは確か。イブラのコンディションを整えるためにも1日休ませるべきだと思いますが……。リールは不運。しかし今季リールはずっと運に見放されているので、運を無理にでも引き寄せるだけの何かがないのでしょう。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 2   tb 0   page top

コメント

リールにとってはあまりに可哀想な判定でしたね。 マクスウェル残ってただろ!パリは運がいいわ。GKがランドローだったら勝てなかったと思うし。パイエ頑張ってたけど あそこはしっかり決めてほしかった。。。はぁーー。残念
チェリート #- URL [2013/01/28 09:02] edit

Re: タイトルなし

> チェリートさん

ジャッジそのものはあれ以外に疑問のあるシーンはなかったのですが、あまりにも結果に与えた影響が大きいことと、そのジャッジが原因でピリピリした選手をおちつかせるどころか却って怒らせていたのがなんとも。リールには気の毒でした。

リールは少し自信をなくしてますね。他のリーグだったらELも難しい位置まで落ちましたが、リーグ1なのでまだまだもつれると思うので奮起してほしくはあります。
リヨン侍(MAMAN書き) #- URL [2013/01/29 21:45] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6749-7a6c4a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。