10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ELベスト32・トッテナム-リヨン戦 

トッテナム EL1/16finale
 アデバヨール 
ベイルレノン
 デンプシー 
デンベレパーカー
アス・エコトウォーカー
フェルトンゲンギャラス
 フリーデル 


リヨン EL1/16finale
 ゴミス 
リサンドロラカゼット
マルブランクフォファナ
 ゴナロン 
ウムティティレベイェール
ロヴレンビシュヴァツ
 ヴェルクトル 


2013/02/14 UEFAヨーロッパリーグ
ベスト32
トッテナム・ホットスパー21-01オランピック・リヨン
1-1
ベイル(45、91)

ウォーカー(49)
得点

YC
ウムティティ(55)

ウムティティ(20)
フォファナ(80)


[広告] VPS
リヨンは再びゴナロン、マルブランク、フォファナで3センター体制。守りを意識した形。
スパーズはギャラスが先発。予告通りGKはフリーデル。

開始15分、ゴミスがドリブルでエリアに侵入しフェルトンゲンに倒されますがノーファールの判定。しかし足が完全にゴミスに向かって出ているのでPKになったとしても異論は出ないところでした。結果的にはこれが大きく響いた……。

立ち上がりリヨンに攻めこまれたスパーズですが徐々に反撃26分にアデバヨールがビシェヴァツの裏を取りますがシュートは枠外。

更に37分、ゴール前で絶好のボールがベイルの前へ。ただ合わせるだけの場面でしたがここでベイルまさかのミスキックで枠を外し、先制点が奪えません。

しかし前半ロスタイム突入出えたFK、蹴るのは当然ベイル――ボールは一度高く上がって壁を越えた後、フォークボールのような落差でゴール左隅へ!ジュニーニョのFKの練習相手として見慣れていたはずのヴェルクトルこれは取れず。スパーズ今日もベイルのゴールで先制します。

後半アウェーゴールが必要になったリヨンはオープンになって攻撃します。このところ復調を見せるマルブランクや進境著しいフォファナが中盤でボールを動かし、レバイエール、ウムティティの左右ラテラルがリスクを冒して前へ前へ。当然のリスクとしてベイル、レノンのカウンターが怖いですが、若いチームには攻めこませるほうが勢いが出る。

それが実ったのが55分、ギャラス頭でクリアーしたボールがPAの外に転がるとそこに寄せたウムティティはダイレクトで左足を強振、すると弾丸でファーサイドに!間にいたDF、GKが一歩も動けないスピード、コースとも完璧な「百万回蹴っても二度目は無理(バートンのツイートより)」というスーパーゴールで同点に追いつきました。

これで自信を取り戻したOLは守備では深めに引き4+4のブロックで守りながら、鋭いカウンターで追加点をも狙う欧州の戦いを熟知する試合巧者の戦いを展開。個人ではOLの守備陣を上回るタレントであるベイル、アデバヨールもこの強固な組織に阻まれ流れの中からゴールが生れません。逆にリヨンはラカゼットが本来の闊達自在なドリブルからシュートを狙うなど、ロンドンのサッカーファンに次代のタレント力をお披露目します。

あわよくばの勝ち越しも狙うガルドは80分とやや遅い時間ながらグルニエを投入、2点目も狙うメッセージを選手に送ります。

このリヨンの戦い方にスパーズが合わせてしまい、試合はアディショナルタイムへ。ここで……再びベイルの1点目とほぼ同じ位置でゴナロンがファール、ベイルがボールを置きます。そして……

再びのベイル砲。前後半共に終了間際のFKによる失点でリヨン初戦を落としました。

ベイルの飛び道具以外はほぼ相手の攻撃を封じていた戦いは年明け以降では最も良い守り方。ゴールが偶然の要素が強い一本のみと攻撃陣はやや不満ですがそれでもゴミスはプレミアの速い寄せにもボールを失わないポストプレーの強さが証明され、ラカゼットも最近見られなかった鋭いドリブルが復活と明るい要素はあります。それだけに前後半ほぼ同じ状況でFKを与え、そして決められた事が惜しまれる。試合の趨勢に関係なくゴールが生まれるFKの恐ろしさ、ジュニーニョ・ペルナンブカーノに率いられたリヨンなら知らないはずはないのに……アウェーゴールがあるのでまだ望みはあります。今日の試合を見る限りスパーズにはリヨンの守備御崩しきるような手数はないのでカウンターとセットプレーだけに気をつければ1-0勝利は不可能ではないでしょう。しかし、飛び道具の使い手を前にはどんな強固な守備戦術も五分の条件に持ち込まれてしまう事をOLのサッカーを見てきた人なら誰でも知っています……。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6812-fd53bc82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。