09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ボルドー-リヨン戦 

ボルドー 12-13第25節
 ロラン 
 オブラニアク 
モーリス=ベレーセヴェ
プラシルサネ
トレムリナスフォベール
マランジュプラニュス
 カラッソ 


リヨン 12-13第25節
 ゴミス 
 グルニエ 
リサンドロラカゼット
ゴナロンフォファナ
ウムティティレベイェール
ロヴレンビシェヴァツ
 ヴェルクトル 


[広告] VPS


[広告] VPS


リヨンはマルブランクをリーグ戦初めてベンチスタート。グルニエがトップ下で先発しています。
ボルドーはヂエゴ・ロランが初先発。4-2-3-1で当たって来ました。

お互いに過密日程で楽なコンディションではありませんが、露骨なまでに省エネに来たのはリヨン。左右ラテラルのレベイエール、ウムティティの上がりも鈍く、ほとんどゴミスのポストとグルニエ、ラカゼットの3人に攻撃を任せている雰囲気。リチャもいつもの遮二無二フォアチェックに行く闘志は見せず、左MFらしいブロック守備とチェイシング中心。こういうプレーさせてるとまた不満が溜まってきそうですが、チームのコンディションを保つためにやむを得ないのか。

しかし、その省エネリヨンが先制してしまうのがサッカーというもの。15分、ゴミスが前線でボールを収めるとタメを作ってからのスルーパス、これにゴミスを追い抜いたグルニエが受けるとプラニュスのタックルを見事なボディーバランスで残しカラッソと1対1、ここも落ち着いてコースを狙い先制。久々に見るゴミスのポストプレーからのアシストでグルニエがリーグ2点目を決めました。

元々それほど引いて受けるスタイルではないOL、ここから守備の練習とばかりに守備一辺倒に。しかしこれが再三ピンチを迎えます。オブラニアクの技術とセヴェ、モーリス=ベレー、ロランのスピードは人数が揃っているはずのOL守備網を簡単に突破してラストパスを受けていました。幸い3人ともフィジカルの強いタイプではないためビシェヴァツ、ロヴレン、ゴナロンが一人でも追いつけばどうにか止められるためヴェルクトルが忙しくなる程ではないものの、CKが多くどうにも危なっかしい。

ボルドーの新FWのロランの印象ですが、ドリブルの速さは出色でドリブル中の細かいテクニックもあり、それ自体はポテンシャルを感じさせます。しかしまだ身体はできていない印象が強く、少なくともリーグ1でこの選手をセンターで使いたいと思う指揮官はジロだけでしょう。またまだフランスに来て日が浅いためコミュニケーションは時間的にも言語的にも不十分なのか周囲との連携は明らかに未成熟。出来ればもう少し守備の雑なチーム(バスティアなど)相手にデビューしていればもう少し活躍できたかもしれません。

内容的にはボルドーが押し込んで前半終了。

後半に入るとボルドーはいきなり2枚替え。プラニュス、ロランを下げてセルティッチ、FBKが入ります。プラニュスは怪我か?ロランは判りません。

サネが最終ラインに入ってセルティッチが中盤に加わり、パス回しが活発になったボルドー。リヨンからまず1点を取り返そうと攻め込みますが純粋なフィニッシャーがいないためDFが釣り出されず、回しても崩せない展開が続きます。一方リヨンは驚くほどあっさりと55分にリチャ、62分にゴミスを下げる余裕の采配。

すると65分、ラカゼットからのボールを受けたフォファナが22mのミドルからシュート、これがシュート回転がかかってズバリ!名手カラッソも届かず2点目を奪います。キム、バストスがいない今フォファナのミドルは貴重な砲台。

乗りまくるフォファナは72分、今度はエリア内でフォベールに倒されPKゲット。これをグルニエが決めて0-3。

更にその2分後にはラカゼットが縦パス1本からミドルを決めて4点目。リヨンは91年組3人で4点を奪いました。

最後はそのグルニエも下げる余裕を見せたリヨンが0-4と大勝。リーグ戦での連敗を2で止めました。


内容的にはむしろ薄味で、このスコアはボルドーにとって論理的でない結果。あえて言うならエネルギーがあるうちにゴールを決めようとアクセルを踏み込んだボルドーがガス欠を起こし、それまでエコ運転をしていたリヨンが最後までスタミナとモチベーションをコントロールしたための結果でしょうか。リヨンとしてはこのところのゴール欠乏症を吹き飛ばす大量得点で喜びたいところですが、木曜日のスパーズはそこまで楽な相手ではないでしょう。また、ボルドーは今日の試合は反省するより忘れてしまうほうが建設的な感さえあります。内容的には4失点する程でもないので気落ちせずにキエフ戦に備えるべきです。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 2   tb 0   page top

コメント

まさかの快勝、かなりうれしかったです。グルニエにフォファナ、うまいですね。近いうちに代表に呼ばれそうですね。ところでマルブランクはベンチにいました?昨日試合見てたときは特に気にしていませんでしたが、ヤフースポーツ見るとベンチメンバーにいなかったので少々気になります。
sh #- URL [2013/02/18 13:52] edit

Re: タイトルなし

> shさん

どうもマルブランクはベンチにもいなかったようですね。スパーズとの試合で多少どこか痛めたようで大事を取って休ませたそうです。試合後のオラス会長の話では特に心配ないというので木曜日のELには出てこれそうです。

91年組、いいですね。若手を積極的に使うタイプの監督なら今からでもラカゼットやグルニエは呼んでも面白いと思いますが、デシャンてそういう監督でもないのが惜しい……2016年は自国開催で真剣勝負の予選が免除なので勝敗考えず自由に試せるメリットはありますが、同時に代表戦の真の緊張感を体験できないデメリットもありますからね。個人的にはウムティティも試して欲しいです。サコーじゃ安心できない。
リヨン侍(MAMAN書き) #- URL [2013/02/18 19:50] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6816-788ac412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。