10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ソショー-PSG戦 

首位PSGと17位ソショーの対戦。しかしPSGはバレンシア戦でルーカスが負傷、メネズも負傷(しかし実態は造反)と主力選手が抜け落ちた状態。それでもこのメンバーがいるのだからさすがですが、しかし試合はさすがとはならなかった……

ソショー 12-13第25節
シオ ビュタン
ルーデブデブズ
ノゲイラロピー
ルシヨンコルシア
カンテプジョル
 ポプラン 


PSG 12-13第25節
ラベッシ イブラヒモビッチ
パストーレシャントーム
マテュイディヴェラッティ
マクスウェルファン・デル・ヴィール
サコーアレックス
 シリグ 


ソショーは1月に獲得したシオと負傷から復帰して以降好調なビュタンの2トップ。ブデブズはフリーであちこちに顔を出します。
PSGは形は変わらず4-4-2。右にはマルチなシャントームが入ります。

シャントーム右の狙いは明らか。もはやリーグ1レベルの選手ですらないファン・デル・ヴィールの右サイドをケアさせ出血を防ぐというもの。狙いは的確でしたがこの日はソショーが予測の上を行きました。

イブラとラベッシはどちらもボールを受けるためなら下がってきますが背後の選手に対してプレスやチェイスをしてくれるわけではないので、どうしても2トップとCHの間のスペースが空く。ここでボールを持たれるとマテュイディ、ヴェラッティが前に出ざるを得ませんがそうすると今度はCBのアレックス、サコーとの距離が開く。常識的には最終ラインが上下してコンパクトな距離感を保つのですが、サコー、アレックスがどちらもラインのコントロールに鈍感なこと、プラスソショーがそれを見越してプレーしたことで守備が破綻、2トップとCHの間に入るノゲイラ、ロピーとCH、シャルニエール(CBコンビ)の間に入るブデブズ、ビュタンに自由に使われ、マテュイディとヴェラッティの間を広げられてはパスを通される苦しい展開。豪快にワイドなボールやロングボールには頼らず短く鋭いパスでCHの網をすり抜けるプレーを2人が止められずチャンスを作られます。

加えてこの日ブデブズが今季最高といっていい絶好調。ドリブルでアクセントをつけながら広い視野で前線の選手を使い、それでなくてもファン・デル・ヴィールのカバーで広がりがちなサコーとアレックスを更に分断してきます。

それでも個人の差が大きく、先制したのはパリ。29分パストーレのCKにアレックスが頭で合わせて先制。タレントの差を見せつけます。

ところがその5分後、ブデブズの狙いすましたループパスが左サイドのルーデの前にピタリのタイミングで落とされると、ルーデはそのまま単独で仕掛け、何故か歩いているファン・デル・ヴィールと中に絞りすぎていたアレックスを楽に振り切り斜めからゴロでシュート。シリグも飛びつきますが僅かに届かずゴールへ!ソショーが同点に追いついきます。

その後も効率のよいパス交換でペースを握るのはホームのソショー。ハーフタイムを経て後半に入っても修正しきれず49分には完全に抜けだしてドリブルに入ったブデブズをヴェラッティが倒してイエローカード。あと1m先で倒していたら間違いなく赤だったであろう悪質なファールでした。

この守備の乱れに自身の3試合連続失点で神経質になっているシリグまでがおかしくなります。ポジショニングが狂い出したばかりかキックフィードが相手へのプレゼントになるなどらしくないプレーをはじめ、それがさらに味方の守備を狂わす悪循環。この乱れを見逃さなかったシオが55分、またもファン・デル・ヴィールの守るサイドからシリグの手を弾き飛ばすシュートをネットに突き刺しソショーが勝ち越し。1月にドイツのアウグスブルグから獲得したフランス人FW、最高の舞台で結果を出しました。

更に59分にはコルシアのFKがポスト直撃。どちらが残留を争うチームか判らない勢いで攻めかかります。

たまらずアンチェロッティが動きます。62分、足を引っ張り続けたファン・デル・ヴィールに見切りをつけてジャレを、守備のタスクを軽減される前方ではシャントームを下げガメイロを一度に投入。まずは同点を狙います。

その狙いは結果的に当たり、76分、CKからサコーが押し込むとゴール前のルシヨンがボールを外に出せずオウンゴール。残り15分、十分逆転可能な時間に追いつきます。

しかし今日の天運は完全にパリから顔を背けていました。84分、ブデブズがクロスをファーサイドへ、これを途中出場のプリヴァが受けるとシリグはいつもの通り、ポストの前まで寄ってプリヴァに対峙、しかしプリヴァはこれを見てもう一度逆サイドへ、そこに走り込んでいたのはこれも途中投入されたバカンブ!シリグの欠点であるサイドから攻められるとニアに寄り過ぎ、かつ背後が完全にお留守になる欠点が再発した形で逆に再逆転を献上します。このところ改善されていたが今日の試合では守備崩壊で釣られたか。

またこの試合、イブラにとって不運なのはエリア内での彼へのファールが徹底的に流されたこと。幾つかは流されていいファールですがゴール前で河津落としをかけられた場面はPKであってもおかしくないプレー。終了間際にポプランのパンチングがイブラの後頭部に入った時には完全にキレて審判に詰め寄りイエローカードを貰ってしまうおまけ付き。主審との相性にも見放されたPSG、明らかな格下相手に痛い敗戦です。

フランスで最多の65シーズンを1部で過ごす、驚異の残留力を持つソショーがまるでこの試合に合わせたかのような出色の出来であった事ももちろんですが、PSGがこれまでのソリッドさを完全に失ったための必然的な敗戦。少なくとも今季これ以降はファン・デル・ヴィールを先発させない事を進言したい。潜在的な能力はともかく、今現出している能力ではリーグ1の右ラテラルで最低レベルでしかありません。相変わらず出来不出来の差が激しいパストーレも猛省を促したい。

来週はOMとの“クラシコ”。チアゴ・シウバは間に合うか?

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2013/02/21 14:35] edit

Re: はじめまして

はじめまして。
こんなブログで宜しければ末永くお付き合い下さい
リヨン侍(MAMAN書き) #- URL [2013/02/22 21:53] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6817-2bd531fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。