05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ELベスト32・リヨン-トッテナム戦 

89分までは完全にリヨンの試合だったのに……

2013/02/21 UEFAヨーロッパリーグ
ベスト32
リヨン11-01トッテナム
0-1
ゴナロン(17)

マルブランク(63)
ウムティティ(75)
得点

YC
テンベレ(90)

ウォーカー(24)


リヨン EL1/16finale
 ゴミス 
リサンドロラカゼット
グルニエフォファナ
 ゴナロン 
ウムティティレベイェール
ロヴレンビシェヴァツ
 ヴェルクトル 


トッテナム EL1/16finale
 アデバヨール 
ベイルレノン
 ホルトビー 
デンベレパーカー
アス・エコトウォーカー
フェルトンゲンギャラス
 フリーデル 


リヨンはボルドー戦と同じメンバー。好調を維持できるか。
トッテナムは先週のメンバーからテンベレをホルトビーに変更。

試合にはプラティニ、ジダン、デシャン、ウイエとフランスサッカー界の重鎮が集結。スタンドの顔ぶれだけ見るとCLのベスト4以上の試合のようです。

1stレグの結果から、先制したチームが圧倒的にゲームをコントロールしやすくなる試合、序盤から比較的オープンに攻め合います。

そして先制したのはリヨン。17分、左サイドからのFKをグルニエが蹴るとニアサイドにいたゴナロンがヘッド!これが絶妙なコースに飛んでゴールへ!リヨンが先制します。

これでアウェーゴールで有利に立ったOL。プラン通りに引いた守りからカウンターを狙うサッカーでスパーズの良さを消していきます。

ホルトビー、ベイル、レノンのスピードは脅威だが前線のアデバヨルにボールが収まらないスパーズは攻撃が単発になりがち。もちろんそうさせているのはリヨンの集中した守備ですが、特にベイルを見ているとアデバヨルをあまり信頼していないような。

それでも個の力が怖いスパーズ、前半終了間際にホルトビーのシュートが枠を捉えます。ヴェルクトルがかろうじて触ったためCKに逃れますが危ないシーンでした。

後半、53分にリチャがゴール前でカットされるとカウンターからベイルのフィニッシュワークに繋がりますが、PA内の近距離だったにも関わらず枠を外れ、ベイル自分でも信じられないという表情。先週の試合でもそうでしたが、意外と近距離のイージーな状況を外してくれます。

ポゼッションではスパーズが圧倒、ゴール前25mの攻防でもスパーズ有利で進みながら最終ラインと3センターに両ウィングまで戻る徹底したOLの守備にあと一本のパスが繋がらないスパーズ。相手の焦りを衝いたカウンターで脅威を与えるOLは最前線のゴミスがボールを収めリサンドロ、ラカゼットのスピードでリスクを賭けて押し上げたスパーズラテラルの裏を使う戦術で脅かします。

62分、ゴミスとリチャにフリーデルが釣り出されたところにラカゼットがエリア内に侵入すると、フリーデルが足を伸ばしてラカゼットを引っ掛ける!PKが与えられて然るべきですが主審はこれを流す。先週のゴミスと今日のラカゼット、都合2本のPKが幻に終わりました。

ここから逃げ切るためにガルドがカードを切ります。まず65分ラカゼットに代えマルブランク。そのまま右サイドに。入ります。

更に74分攻守両面で効いていたリチャを下げゲザルへ。より守備的に舵を切ります。

その間にスパーズもそれぞれほぼ同じタイミングでレノンからデンプシー、続いてホルトビーからシグルトソンへとシフト。こちらは1点をもぎ取りに来る采配。

そして最後に82分、ゴミスをブリアンに代えます。

正直に言えばこの交代は??3トップを全て入れ替える交代は珍しくありませんが、この試合リチャもゴミスも前からのプレスでもリトリートでもチームに貢献していました。ゴミスはギャラスら屈強なスパーズのDF相手にもボールをキープできるため押し込まれた状態からロングボールで一度押し戻すにも有効で、もし交代させるにしても時間稼ぎに89分過ぎでもよかったくらいです。なぜ残り10分で交代を使いきってしまったのか?

そしてまたも試合終了間際、望まざるドラマは起こりました。90分にデンベレがミドルレンジからシュートを放つと、ボールは無情にもゴールネットへ……その直前のグルニエの中途半端な飛び込みも含めて、あまりにも悔いの残る失点が終了間際に生れました……。

3トップを全て入れ替えたリヨンに残り3分で逆転する力はなく、試合終了。7年前のミラン戦を思わせる敗退でリヨンのELは幕を閉じました。


最後にブリアンをあの時間に出した理由、僕には理解出来ません。しかし、もしかしたら、ではありますが、ブリアンにはロシア売却の噂があります。もしもこの試合がブリアンのフェアウェルゲームになるのだとしたら、多少でも長くピッチに立たせたかった……そんな推測をしたくなります。

これでリヨンは国内リーグのみになりました。勝ち点3差とは言えPSG相手には優勝は簡単ではありません。現実的にはCLストレートインの2位に入る事をモチベーションにリーグを戦う事になります。この敗戦が後に引かない事を祈るのみです。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

cm 2   tb 0   page top

コメント

こんにちは!

とても残念な結果でしたが、欧州全土に実力の程は見せられましたし、リーグ戦に集中出来ると言う事でポジティブに考えましょう!

リチャとゴミスの交代はガルデ監督の中に少なからずロリアン戦(先週PSGが負けた事で余計に)の事が頭をよぎったのではないでしょうか?

私は試合を観ていてそのように感じましたが…!
エルマンデル #- URL [2013/02/22 07:02] edit

Re: タイトルなし

> エルマンデルさん

それでも悔しいです。後半連戦の疲労から運動量が落ち、週末試合のなかったスパーズに追い込まれながらも必死に守りきっていただけに……。

> リチャとゴミスの交代はガルデ監督の中に少なからずロリアン戦(先週PSGが負けた事で余計に)の事が頭をよぎったのではないでしょうか?

その通りでしょうね。ロリアン戦を考えたらこの不動の3トップは少しでも早く下げたかったのだと思います。それがガルドらしくもない早めの交代に現れたんだろうと言うのは想像つきますね。
リヨン侍(MAMAN書き) #- URL [2013/02/22 21:18] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6828-b829b2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。