06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

女子CL・リヨン-マルメ戦 

結論、リヨン強すぎます。

リヨン女子 女子CLベスト8
 シェリン 
ディッケンマントミス
ネシブアビリー
 アンリ 
ボンパストルフランコ
ルナールジョルジュ
 ブハディ 


2013/03/20 女子チャンピオンズリーグ
ベスト81stレグ
リヨン52-00マルメ
3-0
トミス(17)
シェリン(23)
シェリン(62)
アビリー(71)
ネシブ(89)
得点


試合を観ていた方なら判ると思いますが、マルメは弱いチームではないです。リヨンの試合にしては珍しくシュートまで行き、そのうちの2本は入ってもおかしくなかった。4-4-2のオーソドックスな布陣で格上の相手に対しカウンターを狙う正攻法といえる戦術は完成度の高さが垣間見えました。

ただ、リヨンはその上を行っていた。

国内やベスト16までのリヨンはラインをハーフウェーまで上げる超コンパクトサッカーで相手をコートの半分に押し込めるサッカーで気力と体力を削ぎとっていきますが、鋭いカウンターでリヨンゴール前に迫ってくるマルメに対し、カウンター返しで一気に好守をひっくり返して見せるなど、そもそも選手の個のレベルが違いすぎる。1点目のアビリーからのパスで飛び出すトミスのスピード、2点目のシェリンの足に吸い付くようなボールタッチ、5点目のDFに当たったとはいえ30m近い距離から突き刺したネシブのミドルの破壊力、どれも次元が違う。スコアは「夢のスコア」なのに、これでも実力差を反映していないと思わせるくらい大きな差がありました。そもそもエースのネシブはゴール以外はトップ下の仕事をアビリーに任せ、後方での散らし役でそれほど目立っていなかったのに3トップと左ラテラルのボンパストルの4人で相手の守備は粉砕されていました。

これで1stレグで試合を決めたリヨンはアウェーでの2ndレグを流してプレーできます。3連覇に向けて死角なし、といったところでしょうか。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: UEFAチャンピオンズリーグ - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6883-94a12ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。