05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ロヴレンの序列は…… 

先日、スペインのMundo Deportivoが行った「バルセロナが補強すべきCBは」と言うアンケートに、フランスのプロキシから大量のロヴレンへの投票が行われたという事がありました。フランス国内ではほぼ確実にリヨンのサポーターの仕業であると見られています。

ロヴレンはピュエル政権2年目の冬、リチャやゴミスに半年遅れでリヨンに加入しました。この時クロアチア選手の多いトッテナムや資金力のあるチェルシーとの競合を制して使った移籍金は950万ユーロ。相応の資金を使っています。

ロヴレンの武器は恵まれた身体能力。188cmの長身に体幹も太く、それでいて足も遅くない。スピードやキックの精度は本職ほどではないとはいえ左右のラテラルとして使えるほどで、リヨンでは一度も見せていないものの中盤の底という選択肢もあり、戦術理解度は低くない、非常に広範囲をカバーする現代的なDFと言えます。

しかし一方で極めて重大な欠点が2つあり、一つはボールウォッチャーになる癖、一つは格下の相手を侮って散漫なプレーで躱されてしまう事です。

ボールウォッチャーについてはその徴候は見られており、ゴール前に自分しかいない状況で完全にクロスの出し手を見ていって背後に飛び込むFWを見逃したりといったシーンはほぼ毎試合見られます。記憶にあたらしい所では、2011年のCLディナモ・ザグレブ戦、1-7で勝利した試合ながら一度は誰もが絶望したザグレブの先制点はロヴレンの古巣に塩を送ったようなボールウォッチングが原因でした。

2つ目の欠点について言えばここ直近の2試合、バスティア戦の2点目とソショーの2点目はどちらもロヴレンの対応のミスが直接の失点に繋がりました。バスティア戦ではカズリに緩慢な動きで足を出して躱され、ソショー戦ではシオとの1対1で股抜きでクロスを通されるという驚くような凡プレー。最終ラインでこのポカをやられるともう止める術がないです。

また、この油断する事に関連して彼は自分を抜かれてからのレイトタックルに悪質なものが多く、退場の多い選手。3年半の間にリーグ1で5枚、全コンペティションを合計すると7枚ものレッドカードを受けています。今シーズン以外はレギュラーで出ているわけではないので、15試合に1枚もらっている見当になるらしい。批判されるのも無理からぬところでしょう。

今夜のスタッド・ランスには招集すらされていm\ないロヴレン。一度頭を冷やせという事かもしれませんが、周囲の信頼を失いつつあるのは事実でしょう。代表ではDFながら豪快に攻め上がるリベロとして、こんな凄いシュートも決めているのですが……。


[広告] VPS

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6920-b6f81d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。