10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

グルキュフとガルド、修復不可能……? 

vlcsnap-2013-04-12-04h05m45s139.jpg


今季も怪我につぐ怪我で失望のシーズンになろうとしているヨアン・グルキュフ。そのグルキュフのリヨンでの生活はいよいよ終わりに近づいている、という声が上がっています。

RMCラジオは現在のリヨンの練習風景の中で、グルキュフとガルドがもはや言葉も交わしていないと報じ、その関係を「修復不可能」と伝えました。

2010年、2200万ユーロの分割払いでグルキュフを獲得した時、既にOLに財政的余裕はないはずでした。グルキュフは戦力的な補強だけでなく、レアルのクリスティアーノ・ロナウド同様ユニフォーム売上による収入とOLのイメージアップを主たる目的に獲得した選手でした。しかしグルキュフはその役目を担わせるにはあまりに神経が細すぎました。

自身にかけられた期待の大きさに南アW杯の精神的ダメージが重なり、前年までとは別人のようなパフォーマンスに終始。焦りからか無理なトレーニングで怪我を繰り返し2年目には完全に過去の人に。恋人ができ精神的な落ち着きを取り戻した今シーズンは最高のスタートを切ったものの今度はプレー中の怪我で長期離脱、今季もポジションを失いました。クラブフロントはグルキュフを再生させるべくポジションの重なるピャニッチを追放してトップ下と背番号「8」を与え、今季もグルニエをニースに出してポジション争いのストレスを与えないようにしようとしましたが、グルキュフ自身の負傷によりチームの中核はそのグルニエになってしまいました。今、そのグルニエはクラブへの不信感から契約延長を渋っています。

Lyoncapitaleによれば、グルキュフにはまだ移籍金のインセンティブの支払いが残っており、そのチーム一の年俸も合わせれば契約の残り2年間で彼にかかるコストは1500万ユーロ。これまでの3年間も考えれば、「ヨアン・グルキュフがいなければチームの財政はここまで傾かなかった」という批判は極端ではあっても的は外していない。能力に疑いはなくても、その能力をシーズン通して見せた事はリヨンではないのが現実です。

昨シーズンまでならガルドとグルキュフが口も利かないとなればオラス会長はガルドを叱責したでしょう。しかし今、会長自身がグルキュフ獲得の責任を役員会で追求される立場で、それでも同じ態度がとれるでしょうか……。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6929-545ecba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。