03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リール-ソショー戦 

この試合に2点差以上で勝てば暫定ながら今季初の3位に上がるリール。対するソショーは残留争いに苦しみこの日もコルシア、ルーデというレギュラーを欠いています。下馬評は言わずもがなですが……。

リール
12-13第34節
ロデラン
カルー
パイェ
バルモン
ゲイエ
マルタン
ベリア
バシャ
シェジュー
ディニュ
エラナ


ソショー
12-13第34節
シオ
ノゲイラ
バカンブ
ロピー
ドゥバイ
ブデブズ
ソージュ
カルラオ
カンテ
ルシヨン
ポプラン


リールは当初マヴバが先発とアナウンスされたもののその後取り消し。結局は固定メンバーに。
ソショーはルーで害ないことからバカンブが左に。ノゲイラがトップ下です。

試合は79分まで一方的なリールペース。シュート練習といっても構わないくらい。ソショーは最終ラインで跳ね返すのがやっとでクリアーしてもクリアーしてもリールがボールを持ち続ける、まさしくバルサのようなサッカー。ファールに鈍感で以上に流す主審に苛立ちを見せるガルシアが映りますが実質オフェンスアドバンテージは持ち続けているので大きな影響はない。35分までに両者のシュートは10対0。この時間帯にして内容がスコアに反映されていないと感じるほどでした。

25分にカルーのシュートで先制したリールはその後もシュートは放てどゴールに結びつかない展開に焦れた様子を見せていましたが、前半ロスタイム、ロデランのクロスを落としたカルーがマルタンからのリターンを自ら決めて2点目。要約に突き放します。

myboard.jpg

試しに作る。

後半開始、ゲートを通る両陣営の表情はまるで逆。リールの快進撃を予想します。

それを証明するかのように48分にバシャのヘッドで3点目。試合を決定づけます。

しかし、この日の主審は18試合中9試合で合計4ゴール以上の大量得点試合となっている主審だったのです。

3本とも正面に近いノゲイラのFKでした。1本目は30mのやや距離のあるFKにカンテが飛び出しニアサイドに足で合わせてまず1点。

さらに84分、距離としては似たようなFKを足の下を通すとエラナの反応が遅れ2点目。ここでようやくリールが慌て出します。

しかしセットプレーというのは慌てた時にこそ生まれるもの。87分、今度は20mからのFK。絶好の位置でしたがなぜかノゲイラ足を滑らせミスキック。ところがこれが綺麗な放物線を描いてゴールへ……79分から8分で3点獲られたリール呆然。

ガルシアここからデメロを入れるというスクランブル采配を見せますがロスタイム入れて5分では流れは取り戻せず。3-3で引き分けました。

ポゼッション7割、シュート23対6、ファールは9対26。これでこの結果はリールにとって悪夢以外の何物でもないと思います。試合後「これではとてもヨーロッパなどおこがましい。私はこれがチームの真の顔でない事を願う」というガルシア監督の言葉は偽らざる本音でしょう。

category: サッカー

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6976-90c6b12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。