03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

バートンがフランス残留するには 

ジョーイ・バートンはマルセイユで愛されています。プレミアで鍛えられた当たりの強さはリーグ1でも通用し、視野の広さパスの柔らかさは期待以上で、トークも(英語ですが)洒脱。間違いなく今マルセイヤーに愛されている選手の一人です。

バートンもフランスに居心地の良さを感じています。英国時代の凶行の全てを知るものは少なく、ジニャックという友人にも恵まれています。「子どもたちに教育を受けさせるだけの金は稼いだ。給料は大した問題じゃない」と、サラリーの減額に応じる準備もあると訴えました。

しかし、恐らくその減額の幅のさは大きいと思われます。ヴァンサン・ラブリュンOM会長が上限額としているのは月額12万ユーロ。それに対し、現在バートンがQORと結んでいる契約をユーロに換算すれば8万3000ユーロとなります……ただし、週給で。現在はこれをQPRが一部負担する形でOMに「出向」していますが、完全移籍するならば当然OMの経営基準で給料をもらうしかないわけです。

QPRは降格しており、悪名の轟き過ぎたバートンを他のプレミアのチームが欲しがるとは限らない。バートンの決断やいかに?

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/6989-caf53bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。