08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ナンシー-リヨン戦 

先立って行われたレンヌ-ニースは0-3とニース圧勝。得失点差に余裕があるとはいえニースに並ばれました。ナンシー相手に確実に勝っておかなければなりませんが、残留に向けて士気が上がっている相手だけに実は難敵でもあります。

ナンシー
12-13第35節
エフル
バカル
ムカンジョ
カラブエ
マンガニ
クリバリー
ジェッブル
ピュイグルニエ
ロティエ
ミュラトリ
グレゴリーニ


リヨン
12-13第35節
リサンドロ
ベンジア
ムヴェンバ
ゴナロン
グルニエ
グルキュフ
フォファナ
コネ
ウムティティ
ダボ
ロペス


最初の10分は見れたもんじゃないけどその後は安定してるはず。
[広告] VPS


[広告] VPS
ナンシーは4-2-3-1。後半戦は3-4-3を基本に戦って来ましたが負傷者の影響もあり4バックに。
リヨンはどういう意図かも判らない1.5軍仕様。ムヴェンバをここで先発あさせる意味とは?

ピッチに人工芝を採用しているナンシーホームマルセル・ピコ。人工芝ピッチとは相性の悪いリヨンは予想撮りつなぎに苦労します。ロリアンから獲得したムヴェンバの先発に意味があるとしたらこの一点ですが、とにかく彼にはボールが入らない。動きの質が悪く、マークを外すことも前に走って飛び出す動きもないのだから誰も彼を使いません。

守備面での収穫はフォファナが右ラテラルらしい動きを覚え始めたこと。とは言え本職には程遠く、レベイエールが来季どうなるにせよこのポジションにはもう1人最低でもベンチに常駐できるレベルの選手が必須でしょう。

グルニエとグルキュフを軸にリチャにボールを集めようとするOLに対しナンシーはロングボールで前線に送りあわよくばCKかセットプレーを取っていこうというもの。単調ですが今季4ゴールのピュイグルニエの高さ強さは侮り難く、コネくらいしか勝負できる選手のいないOLはセットプレーでは肝を冷やす事になります。

攻撃面は前半は不調。グルニエとグルキュフはボールをコントロールできるものの、リチャがフィニッシャーとして機能しない。水曜日ふくらはぎに違和感があるという事でしたが、そのせいかどうかDFを背負いながらボールを受けることが出来ず下がってしまい、スルーパスにも加速しきれず追いつけない、本人にとっても不本意であろうプレーが続きます。

久々の先発となったベンジアは荒削りなものの優れた足技で何度か対面するDFを抜いて見せますがその後が続かずチャンスを作るまでは至りません。

少々歯痒い展開で0-0のまま前半終了。ガルドは動けるか。

後半、なんとリチャが下がってゴミス登場。ゴミスの投入は予想していましたがこの交代は意外。リチャは足に違和感が出たか?

しかし、これが見事にハマります。

開始早々にロティエを背負ったまあmのポストプレーでリチャとの違いを見せると、48分には不ファナからのパスを受けると2度3度と切り返してシュート。前半の苦労が嘘のように簡単に先制。

さらにゴミスにDFの注意が集まった所でベンジアへの圧力が弱まったのか斜めに走っての攻撃参加に光るものが見え、54分にはゴナロンからのパスを受けてシュートも。しかし枠に飛ばして欲しかった。

しかしここからナンシーの猛反撃が始まります。セットプレーから人数をかけてセカンドボールも拾い二次攻撃。DFやナンシーの選手に当たる不運がなければ1ゴールは決まっていたかもしれません。それくらい密度の高いシュートラッシュでした。事実53分にはダボの肩に当たったボールをハンドアピールされるシーンがあり、ハンドになるわけはないと思いつつもひやりとさせられました。

ここで集中力を見せたのがGKアントニー・ロペス。判断の良い飛び出しでボールに飛びつき、速いシュートにも足を伸ばしてブロック。OLのゴールを守るものとしてはこのくらいはやってもらわなくては、というラインをクリアーして見せます。特に72分、76分のバカールのシュートに対する反応は素晴らしく、次第に身体が試合に慣れてきているようです。

このピンチを凌いだリヨンは80分、グルニエ、フォファナと繋いだボールをグルキュフがゴール左隅に決めて待望の追加点。グルキュフ2試合連続ゴール。

さらに89分、グルキュフのパスをピュイグルニエを背負いながら受けたゴミスはここでまさかのルーレット!グレゴリー身体を倒して飛び込んでくるのを確認すると小さく浮かせてシュートを放ちゴール!技術が光る繊細なゴールで3-0。ゴミスはこれでキャリア自己最高タイの16ゴール。

ポゼッションで48%とむしろ劣勢のリヨンが3-0とスコアでは圧倒して完勝しました。

結果を見ると完勝ですが、ガルドの先発チョイスはやはり疑問。ムヴェンバはやはり最後まで透明人間のようでした知りちゃのコンディションもいいとは見えませんでした。負傷者や退場者のイレギュラーが出た場合にのみ采配が攻撃的になるガルドの悪癖は何が起源なのか。采配そのものはほめられるものではないでしょう。

次節はいよいよパリSG戦です。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7000-c7006eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。