05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ベスト11、ヤング11、がっかり11(1) 

今年もこの既設がやって来ました。

私が選ぶリーグ1・2012-2013シーズンベスト11、ヤング11、がっかり11の発表です。今年はこれにもう一つ、ブログ来訪者投票によるベスト11も発表します。

まず、僕が選んだリーグ1ベスト11から。

2013best11.jpg

GK
ステファン・ルフィエル(ASSE)

DF
フランソワ・クレール(ASSE)、ニコラ・ヌクル(OM)、チアゴ・シウバ(PSG)ルーカス・ディーニュ(リール)

MF
ブレイズ・マテュイディ(PSG)、マテュー・ヴァルブエナ(OM)、クレマン・グルニエ(リヨン)

FW
ダリオ・ツビタニッチ(ニース)、ズラタン・イブラヒモビッチ(PSG)、ピエール=エメリック・オーバメヤン(ASSE)

GKはマンダンダよりルフィエルをチョイス。PKに対する異常な強さとポジショニングの正確さはチームの安定感を一段回引き上げました。本職ではないコンバート組であるペランとズマ、リーグ1レベルとは言えないバヤルという強度に劣るシャルニエールをよく統率したと思います。

DFラインは4バック。右以外は誰が選んでもこの3人になるであろうディーニュとシウバ、ヌクル。GKでマンダンダを選ばなかったのはヌクルに相当するCBがルフィエルにいなかったからというのもあります。右はマリアーノ、ジャレと悩みましたが敢えてクレール。今シーズンはリヨンでの全盛期を思わせるパフォーマンスも見せました。クロスの精度は相変わらずでしたが……。

中盤は逆三角形。現実にこの3人を並べたら守り切れないとは思いますが、レキュペラトゥール(守備専業CH)として国内に並ぶことなき第一人者となったマテュイディと凄まじい運動量でピッチの前半分全てに顔を出すヴァルブエナ、この小兵2人に恵まれた長身でタメを作り引き気味でもバイタルでも視野の広さを感じさせるパスを操るグルニエはいずれもピッチ中央で使いたい選手。ベスト11という事で機能するかしないかは考えずに並べました。

FWはツビタニッチのポジションに疑問はあるものの、この3人。実際にはイブラが下がり目でボールを受けてツビタニッチがゴールに近づき、開いた左サイドをグルニエとヴァルブエナが使う展開になる。これもベストの3人をFW、として選んだ結果です。

続いてはブレイク若手11。

2013break11.jpg


GK
ヨアン・テュラム=ユリアン(トロワ)

DF
アイサ・マンディ(スタッド・ランス)、ニコラ・イシマ=ミラン(VA)ルーカス・メンディ(OM)、サミュエル・ウムティティ(リヨン)

CH
グルチェゴルツ・クリホヴィアク(スタッド・ランス)、バンジャマン・スタンブリ(モンペリエ)

WG&No.10
ロニー・ロデラン(リール)、ヴァビ・カズリ(バスティア)、フロリアン・トヴァン(バスティア)

FW
シェイク・ディアバテ(ボルドー)

GKにはトロワのテュラム。若手自体少ないポジションですが後半のパフォーマンスは十分にリーグ1の平均を上回っているといえるものでした。反射速度が驚異的に速く、ポジショニングの甘さも改善され隙が減りました。アアマダよりキャッチングが強いのもポイント。

DFは右はマンディ。負けん気が強く、しつこいチェイスやマークは守備の場面では非常に頼りになります。CBにはイシマ=ミランとOMの新戦力メンディ。メンディは調べたらまだ23歳と伸び代もあり、リーグ1のレベルで揉まれればもう一段階進化しそうに感じます。イシマ=ミランはゴール前での身体の強さはママドゥ・サコーにも劣らず、空中戦でも頼もしさを感じました。ウムティティは昨年CBで、今季はラテラルで選出。今後どちらで伸ばすのかは彼のキャリアに重要な意味を持ちます。

CHのクリホヴィアクは今やリーグ五指のレキュペラトゥール。ステップアップの可能性も高いですがクラブは少しでも高く売って儲けを出すべきです。スタンブリは本来左ラテラルですが、今季はCHとしての活躍が顕著。ニコラン会長は「キャベラとスタンブリがうちの非売品」と彼を手放すつもりはないと言っています。

そのキャベラは去年ブレイクしたということで今回は除外。右サイドにリールのニューフェイスロデラン、トップ下にバスティアからカズリ、左サイドには同じくバスティアから怪物トヴァン。キャベラを入れなければこんな感じかなと思います。その他ではボルドーのセヴェなどもよかったですね。

1トップにはボルドーからディアバテ。ポストプレーヤーを好まないジロの戦術に必ずしも合致しないながら、グフランの離脱後代えのいないCFという重責によく応えました。特に終盤に来て連続ゴールを続けており、いよいよ本格ブレイクの時が来たかという感があります。



次はアンケート投票のベスト11と、お待たせいたしましたDisappointed(がっかり)11をお送りします。

category: サッカー

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7042-9f45e881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。