08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リヨンの補強ターゲット(中間報告) 

あまり新しい動きがないのでリヨンの補強ターゲットの中間報告を。

グルニエやゴナロン、ウムティティにロペスと背骨部分に若い生え抜きが吐いたため、現状で噂が出ているのはいずれもサイドの選手。ゴミスがいなくなる(あるいはリチャが契約延長を断る)CFCももう一人いたほうがいいとは思いますが、それは後からの話。今探しているのは本職がゲザルしかいない左WGと高齢化したレベイエールの後釜になれる右ラテラル、それにダボと同等以上の性能の左ラテラルです。

昨夏、OLは現状の口減らしと即戦力の補強を一挙に成立させるため、若手複数とリーグ1でレギュラーを張る選手のトレードを仕掛けましたが、ムヴェンバもモンソンも完全に期待を裏切ったばかりか、危うくグルニエを放出するという大失策を犯す寸前だった――想像するだけでも恐ろしい――事もあって今夏のターゲットはより安価なリーグ2や英国チャンピオンシップの選手が中心。緊縮路線は相変わらずですがより育成に舵を切った感があります。安く買って高く売る10年前の路線に戻ったとも言えます。

減所で名前が散見されるのは次の5名。

アントニー・ノックアエル(レスター・英)
ポジションは左右WG。英語読みのノッカートの方が有名。左利きでフランス人には珍しい挟みフェイントを多用するドリブラー。パフォーマンスにむらがあり、いい時はバスティアのトヴァンにも優る技術を披露するが悪い時は持ちすぎてボールロストをする典型的な捏ね回し屋。プレーに華があるので活躍すればスター候補だが、♪L( ^ω^ )┘♪マジッカ♪└( ^ω^ )」♪マジッデ♪L( ^ω^ )┘♪マジッダ♪└((( ^ω^三^ω^ )))┘ショ↑ウー↓ターーーイwwwwwwwwwwフツ共にトップリーグ経験がない割に移籍金が掛かりそう(4~500万と云われる)なのは不安。

マクシム・バルテルメ(ロリアン)
ロリアンで今季レギュラー定着した24歳。左利きで本職はサイドだがCHとしてもプレー可能。ロリアンのアタッキングMFらしい使うと同時に使われる事もできる利便性の高い選手。ムヴェンバが機能しなかった事実をどう評価するかでリヨン都の相性予測が大きく変動する。

ラファエル・ゲレイロ(カーン)
ポルトガルのU-20に選ばれる19歳の左ラテラル。3-5-2でも抵抗できる攻撃能力と運動量が武器。最近見た試合では守備の位置取りには未だ課題があるように感じた。将来性は期待できる。

セバスティアン・コルシア(ソショー)
U-21でキャプテンも務めた人物で、フランスの若手右ラテラルでは抜きん出た存在。少々競争は厳しいと思うがソショーが降格した場合移籍は必至なので市場にバーゲンプライスで出る可能性は高い。

バンジャマン・メンディ(ルアーブル)
育成の名門ルアーブルの右ラテラルで18歳。正直見た記憶はないがルアーブル出身の若手はまず外れないので、期待はできる。

知らない名前が多いのはフランスリーグの標準仕様、この他にも一昨年のダボのように突然獲得する隠し球もあると思われ(バカリ・サコを予想する!)、小粒なりには楽しめる市場になると思います。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7055-3eecdd4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。