03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

シウバ退場させた審判、殺害予告を受け被害届 

28a27.jpg

写真中央の人物はアレクサンドル・カストロ、リーグ1の主審です。彼の名はある一つの試合で有名になりました。リーグ1第35節ヴァランシエンヌ戦の主審、つまりチアゴ・シウバを不可解な理由から退場させ、その後レオナルドSDに体当たりをされた主審です。そして今、彼はまたも紙面を賑わしています。

土曜日、カストロ主審の弁護士が警察に「依頼人が殺害予告の脅迫電話を受けた」と被害届を出しrたのです。

届けによればカストロへの脅迫めいた電話や嫌がらせは試合直後からあったものの、木曜日のレオナルドとクラブへの制裁処置(レオナルドには9ヶ月tのサスペンド、クラブには勝ち点-3)がくだされると脅迫は殺害をほのめかすものとなり、家族の危険を感じた主審が弁護士に相談し、被害届を出したというもの。

紙面では容疑者について手がかりはない、としているものの、状況証拠はある特定の層を指し示していると考えないほうが難しいでしょう。たしかにあの裁定はおかしいと思いますがレオナルドの行為は愚行以外の何物でもなく、またクラブやレオナルドの処分を決めたのはカストロではないです。クラブが一流のブランドに成長しようとする中、サポーターもまた成長が義務となっています。

category: サッカー

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7108-f350e784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。