06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

PSG,契約延長のオファーを続々 

PSGが所属選手に向けて続々と契約延長のオファーを送っています。マルコ・ヴェラッティとは1年の契約延長(フランスのローカルルール内では規定目一杯)をまとめたばかりですが、これに引き続きチアゴ・シウバ、ズラタン・イブラヒモビッチ、ブレイズ・マテュイディと云った主力に順番にオファーを出すとのことです。該当する選手にはママドゥ・サコーなどチーム内での立場はやや微妙な選手も含まれており、何を基準にという感も無きにしもあらずです。

イブラヒモビッチなどは現時点でもン艦1200万ユーロを受け取っており、これをさらに上昇させるとなると1500~1600万ユーロになるのではと推察されます。もうそれだけでリーグ2クラブの年間予算です。クラブが払っている税金分も合算すればASSEの年間予算を超えます。

イブラやシウバはともかく、その他の選手に対してもオファーを出しているのはクラブイメージを守るためという側面が大きいと推察しています。マテュイディやメネズ、サコーはフランス代表であり、彼等がいなくなるとまたぞろ「PSGはフランスのクラブだがフランス人のクラブではなくなった」などという声が復活するのは避けられないし、主力級にステップアップ移籍などされると「結局カネの力でしか繋ぎ止められない」と事実を指摘されてしまう。であればいっそ金で引き止めてしまったほうがまだブランドイメージは守られるという判断が働いたのだと思います。

リーグ1どころか世界規模で見ても異常な年俸のインフレーションを起こしているPSGですが、創業者の孫であるフローラン・ダバディが何と言おうが欧州ビッグクラブであった時代などないパリSGがその域に到達するまでは、このやり方しかない。憎まれっ子世にはばかるとこの路線でCLでも結果を出して貰いたいものです。

category: サッカー(移籍情報)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7233-b93884f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。