07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ソショー‐リヨン戦 

CLプレーオフ前の一戦。相手は昨季ホームでPSG、OMを撃破しているソショー。相変わらずゴミスは合流しておらず、楽観はできません。

ソショー
13-14 第2節
バカンブ
プリヴァ
コントゥ
カルラオ
エリックマイヤー
ブデブズ
コルシア
ペイベルネ
カンテ
フォーシュリエ
ポプラン


リヨン
13-14 第2節
ベンジア
ラカゼット
グルキュフ
マルブランク
ゴナロン
グルニエ
ミゲウ
ビシュヴァツ
フォファナ
ベディモ
ロペス


ソショーは4-4-2。ゴール前をカンテ、ペイベルネのシャルにエールがどこまで固められるか。
リヨンはゴナロン、マルブランクを入れての4-3-3。グルキュフとグルニエのハーモニーが鍵を握ります。

ところが試合は意外な立ち上がりに。ポプランのロングキックを受けたプリヴァがバカンブに繋げるとこれをビシェヴァツがエリア内で足をかけてしまいPK。これをブデブズが決めて1-0。公式戦3試合無失点を続けてきたリヨンでしたがここで記録が途切れます・。

昨季はこれで慌てて攻め急ぎチャンスを潰していましたが、今日は時間が速すぎた事もあってか落ち着いて攻撃を組み立て、冷静に同点を狙います。24分にはベディモのシュートのこぼれ球にラカゼットが詰めましたが惜しくもサイドネット。

逆にソショーは32分コントゥが自陣ゴール前から単独ドリブルで攻め上がりシュートまで持ち込みますがこれはロペスに阻まれます。

すると35分、いつの間にかラカゼットとポジションを入れ替えていたベンジアがDFのマークから完全に外れるとグルニエがすかざずスルーパス。1対1になったベンジアがスコアラーらしい落ち着きで同点ゴール。ベンジアこれがリーグ初得点です。

勢いに乗ったリヨンはさらに43分、グルニエの鋭い楔のパスを受けたベンジアがそのままラカゼットにリターン、ラカゼットはDFの点前からいきなりのシュート!ラカゼットの2試合連続ゴールでリヨン、前半のうちに逆転に成功です。

前半は失点シーンを除けば圧倒的にリヨンペース。後半追加点を入れて早めに主力を休ませたいところです。

すると早速先週からノッているあの男が期待に応えます。48分グルキュフのダメ押し3点目。試合を決定づけます。

この日のリヨンは特別な戦術を使ったわけではなく、普通にボールを繋ぎ普通にサイドから攻めていっただけなのですが、ソショーがあまりに無抵抗すぎました。右ラテラルのコルシアは攻撃を諦めて何度もゴール前での守備に走らねばならず、攻撃陣はコントゥが孤軍奮闘。リヨンから見ればこれほど楽な相手はいないと思います。

70分にゴナロンが途中交代のビュタンと激突、ビュタンが膝を抑えて動けなくなる事態に。ビュタンはそのまま担架で運ばれ退場。骨まで行っていないといいのですが。

途中交代の選手を負傷交代させざるを得なくなった時点でエリー監督に打つ手がなくなり、後はベンジア、グルニエ、ラカゼットと主力を休ませてくるリヨンをただ見守るだけでした。

このまま試合は1-3でリヨン勝利。2連勝、得失点差+6とほぼ第2節も首位の座を固めました。

リヨンとしてはイメージ通りに戦えた試合。序盤の失点にも慌てないメンタルを備えてきているのは心強い。20日はホームで、中1日少ないソシエダを迎え撃てる幸運を活かせば1stレグで勝負を決めることも不可能ではありません。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7267-468b6467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。