07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

リヨン‐エヴィアン戦 

lyon0127.jpg

完全に引いたエヴィアンを相手に立ち上がりはそれほどいいとは思いませんでしたが、19分にCKからゴミスの反転シュートで先制すると流れを掴みました。

グルキュフが完全復帰して以降のリヨンは守備時は4-3-1-2、攻撃時は4-2-2-2に近い形を取りますが今日の試合でもこれがズバリ。エヴィアンは右に左に動きまわるグルニエを捕えられず、ボールを捌かれてはブロックを剥がされていきました。

さらに29分、イエローカードを出されたことに不満を言ったメンサーが即座に2枚目のカードを出されて退場に。これでエヴィアンの勝ち目が消滅。39分そのメンサーが抜けた穴にパスを通されると(なぜ誰も埋めていないのか?)ラカゼットが落ち着いたループで2点目。試合終盤には途中出場のブリアンの驚異的な高速カウンターからラカゼットがこの日2点目を挙げて3-0。強いリヨンが帰ってきたと期待させる試合展開で順位を5位に上げました。

これでリールとは7ポイント差、ASSEとは4ポイント差と3位争いに割って入るのも夢ではないところまできたOL。好調の原因としては、グルキュフの好調もありますがそのグルキュフとグルニエがポジションを入れ替えていることもあると思います。前半戦はトップ下はグルニエの居場所でグルキュフは左SHだったり、インナーレフトだったりしましたが昨年の最後辺りからグルニエが低い位置に下がってグルキュフがトップ下に入っています。キープ力はあって守備力の低いグルキュフを前に残すことで基点を作り、よりリヨンの戦術が浸透しているグルニエが攻守に働ける位置に入る事で守備が安定しています。完全にメンバーが固定されている事は不安ですが主力に怪我がなければ3位とカップタイトルを両方狙えるだけの力と自信を取り戻しつつあります。

category: サッカー(マッチレポート)

thread: フランス・リーグ1 - janre: スポーツ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7290-50623780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。