07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Coup Franc!

「恋旅」音楽集。いやあいい曲だ

フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

Bonne Année 

B6HpQllCQAAXOjy.jpg

ブログではお久しぶりです。旧年中はツイッターなどで絡んでいただきありがとうございました。試合後のブログを書くことが体力的に厳しくなり更新少なくなってしまいましたが本年もよろしくお願い致します。

さて、年を越してしまいましたが今季前半戦のベスト11とがっかり11をおとどけしようとおもいます。若手ブレイク11は今回は見送りで。GKやCBに人材がいなかったためです。まずはベスト11から。

best11_1415.png

GKはリーグ最少失点のルフィエル。フランス国内ではロペスが推されていますがやはり安定感ではルフィエル、マンダンダに一日の長があるでしょう。

DFは右ラテラルにはリヨンで右サイド攻略の貢献大だったジャレ、CBにはレ・ヴェールの宿将ペランと常連ヌクル、左ラテラルにはロリアンで売り出し中のゲレイロを選択。左はクルザワも捨てがたいですが成長度でゲレイロを選択しました。

中盤の底には首位OMからインブラ。運動量、ポジショニング、推進力全てを兼ね備えた素晴らしいタレントで今季このポジションでこれを上回る選手は思いつきません。レジスタとしてならヴェラッティが推せる程度。

攻撃的MFはアシストランキング1位のパイェと今季はセカンドトップとしての活躍が目覚ましいフェキル、レンヌの快速ドリブラーエンテプの3人を。これに続くのがPSGのルーカス、エヴィアンで孤軍奮闘のヴァス。

2トップには得点ランキングの1位、2位を順当に選出。特にラカゼットは現在リーグ1レベルでは止め方が判らないという域に達しており、後半戦も疲労と怪我さえ気をつければシーズン30ゴールも十分射程圏内にあります。

続いてがっかり11

disappointment11_1415.png

GKはロリアンのルコント。昨季まではオダールの控えとして十分以上の働きでしたが今季はDFの脆弱さもあり26失点。チーム低迷の原因になりました。カラッソもチーム好調の影に隠れていますが衰えの予兆を見せているのが気がかり。

DFは右ラテラルには父親からの贔屓をサポーターばかりか会長にまで批判されるグレゴリー・ピュエル、CBはリール不振の戦犯の一人バシャと、開幕2試合連続PK献上の珍記録を作ったアブデヌル。左にはバイエルン・ミュンヘンからローンで加入もフィットしきれないコンテントを選出。

中盤の底と右はボール奪取能力が大きく落ちチームを支配力低下に陥らせたマヴバとバルモン、左はWGとして独善的なプレーと凡庸以下のフィニッシュで失笑を買ったトヴァンに、トップ下としてハメスの抜けた大きすぎる穴を埋められず失望されたモウチーニョ。実はマテュイディも今季はパフォーマンスを落としているのは気がかり。

2トップはイブラ不在の間待望のCFとしてプレーするも得点力爆発とならなかったカバーニと、チーム総得点がラカゼット一人に及ばないリール大不振の戦犯となっているオリギ。共に失意の前半戦を送りました。

後半戦でがっかり勢の巻き返しはあるか、新たなヒーローは誕生するか、後半戦も注目です。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://coupfranc810.blog87.fc2.com/tb.php/7319-1f5bab70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。